XRP Tip Bot の使い方 〜 BITPoint(ビットポイント)からのXRP入金方法

 

手軽に「チップ」や「投げ銭」をすることができる「XRP Tip Bot」を利用するためには、まずは、仮想通貨「リップル(XRP)」を「XRP Tip Bot」アカウントに送金する必要があります。

今回は、最近人気の、仮想通貨取引所「BITPoint(ビットポイント)」から「XRP Tip Bot」に「XRP」を送金する方法を紹介します。

 

bitbank(ビットバンク)」からの送金方法は、別の記事にまとめましたので、そちらを参考にしてください。

XRP Tip Bot の使い方 〜 bitbank(ビットバンク)からのXRP入金方法

XRP Tip Bot の使い方 〜 bitbank(ビットバンク)からのXRP入金方法
手軽に「チップ」や「投げ銭」をすることができる、「XRP Tip Bot」を利用していますか? 「XRP Tip Bot」とは、仮想通貨「リップル(XRP....【続きを読む】
 

出金

まずは、「BITPoint(ビットポイント)」の管理画面に並んでいるタブの中から、「出入金・振替」を開きます。

そして、「出入金・振替」のなかから「送金(送付)」を選択します。

 

 

仮想通貨送金内容の一番上の「仮想通貨」のところが、おそらく「BTC」になっていると思いますので、「XRP」に変更します。

続いて、「送金先アドレス」、「宛先タグ」、「送金額」を入力します。

 

「BITPoint(ビットポイント)」の場合、最低送金額は、「10XRP」以上となります。

あとで、説明しますが、送金額手入力では、「小数点以下7桁」まで可能です。

 

また、「BITPoint(ビットポイント)」の場合、「宛先タグは不要」という情報もありますが、私は、念の為に入れておくようにしています。

リップル(XRP)宛先タグについて

「宛先タグ」は任意項目であり、未入力でも送金依頼は可能です。
ただし、宛先のアドレスがタグを必要とする属性の場合、タグを指定しない場合、送金エラーとなります。送金先にご確認ください。

 

送金先アドレス」、「宛先タグ」、「送金額」の入力が終わったら、「認証番号取得」を押して、「SNS認証」を行います。

送金先アドレス」と「宛先タグ」に確認方法は、次項で説明します。

送金額」は、「XRP指定」と「JPY指定」から選択することができます。

 

取得した「認証番号」を入力したら、すぐ下の「取引暗証番号」を入力して、「確認画面」をクリックします。

送金先アドレス」、「宛先タグ」、「送金額」に間違いがなければ、「OK」を押せば送金完了です。

意外と簡単です。

 

 

送金が完了すると、設定している場合、取引所からメールで通知があります。

また、Twitterで「XRP Tip Bot @xrptipbot 」をフォローしておくと、DM(ダイレクトメッセージ)で、入金が通知されます。

https://twitter.com/xrptipbot

「入金アドレス」と「宛先タグ」の確認方法

入金アドレス」と「宛先タグ」の確認は、「XRP Tip Bot」の公式サイト から行います。

「XRP Tip Bot」の公式サイト にTwitterアカウントでログインしたら、青いバーの中央付近の「入金」をクリックします。

一番右に「XRP」がありますので、そこをクリックします。

 

 

すると、「入金アドレス」と「宛先タグ」が青文字で、それぞれ表示されます。(赤く塗りつぶしたところ)

 

 

この「入金アドレス」と「宛先タグ」を「送金先アドレス」と「宛先タグ」のところに入力します。

「取引所」からすると「出金アドレス」、「XRP Tip Bot」からすると「入金アドレス」になりますが、これらは「同じアドレス」です。

 

「XRP Tip Bot」の公式サイトはこちら

XRP Tip Bot (reddit, Twitter, Discord)
XRP Tip Bot for reddit and Twitter

アプリのインストールはこちら

Send and receive XRP Tips in real life!
XRPTipBot App for iOS and Android

送金額

「BITPoint(ビットポイント)」の場合、最低送金額は、「10XRP」以上となります。

「bitbank(ビットバンク)」の場合は、「20XRP」以上でした。

そして、「BITPoint(ビットポイント)」の送金額は、「小数点以下7桁」まで可能です。

 

この方法を利用すると、

システム上売買出来ない、小数点以下3桁以下も含めて、すべての端数が処理できる

ということです。

 

 

これは、嬉しい発見でした。

今回、試しに、すべての端数を「XRP Tip Bot」に送金したので、取引口座のXRPの端数は、きれいになり、とてもスッキリしました。

ネットワーク手数料

「bitbank(ビットバンク)」の場合、送金する際に、ネットワーク手数料が「0.15XRP」発生します。

しかし、

「BITPoint(ビットポイント)では、手数料は発生しません。

たとえ、

「0.15XRP」とはいえ、発生しないほうが嬉しいですね。

「XRP」が値上がりした際には、そこそこ、いい金額になるかもしれません。

bitbank と BITPoint の比較

「bitbank(ビットバンク)」と「BITPoint(ビットポイント)」の口座から、「XRP Tip Bot」アカウントへ送金してみましたが、送金の手順自体はだいたい一緒でした。

ただし、「最低出金額」と「手数料」には違いがありました。

 

最低出金額に関しては、

・bitbank(ビットバンク)は 20XRP以上
・BITPoint(ビットポイント)は 10XRP以上

 

手数料については、

・bitbank(ビットバンク)は 0.15XRP
・BITPoint(ビットポイント) は 無料

 

というように、「BITPoint(ビットポイント)」のほうが、送金に関してはお得になっていました。

 

小数点以下の端数に関しては、

「BITPoint(ビットポイント)」では、すべて送金することが出来ました。

一方の「bitbank(ビットバンク)」は、確認していませんが、おそらく同様にできると思います。

おわりに

「XRP Tip Bot」アカウントに「XRP」を送金することによって、「BITPoint(ビットポイント)」では取引できない小数点3桁以下の端数を、すべて送金することが出来たのは、思いがけず嬉しかったです。

しかし、考えてみたら、他の取引所や、ウォレットなどに送金するときにも、同様に送金できると思います。

ただし、送金した取引所で、その単位の取引できなければ同じことです。

 

また、「リップル(XRP)」の場合、ウォレット(Ledger)を、アクティベート(有効化)するために、「20XRP」を支払う必要があるのですが、「XRP Tip Bot」アカウントに「XRP」を送金する場合には、この「20XRP」は発生しませんでした。

 

「XRP Tip Bot」アカウントに送金した「XRP」は、すべて「投げ銭」として使うことができます。

この点も、気になっていたのですが、判明してよかったです。

 

今回、「bitbank(ビットバンク)」と「BITPoint(ビットポイント)」の両方の口座から送金してみましたが、「BITPoint(ビットポイント)」のほうが、若干お得だということが分かりました。

まだ、「BITPoint(ビットポイント)」に口座を持っていない人は、ぜひ口座開設しておくことをおすすめします。

 

口座開設の時期にもよりますが、3,000円分のキャンペーンがおこなわれていれば、更にお得です。

ぜひ、「BITPoint(ビットポイント)」の公式サイト を覗いてみて下さい。

 

BITPOINT
BITPoint 公式サイトへ

コメント