リップル(XRP)の端数を処理する方法!これで 小数点以下もキレイさっぱり!

「リップル(XRP)」などの仮想通貨取引を行っていると、もよらぬ端数が残ってしまう場合があります。

「販売所」で取引していると、そのようなことはないかもしれませんが、「取引所」で板取引を行っていると、自分では、キリよく注文にしていても、そのうちの一部だけが約定(取引成立)してしまい、端数が残ってしまうことは、わりとよくあります。

まぁ、気にしなければそれまでですが、性格的に、気になる人も多いようです。

 

私も、どちらかと言うと気になる方で、

たとえ捨ててもいいから、きれいにして欲しい!

とすら思いました。

とは言え、実際には、諦めていたのですが、あることをやっているときに、思いがけずきれいになってしまいました。

今回は、その方法を紹介します。

 

BITPoint の場合

端数に関しては、「リップル(XRP)」でいうと、最小で、「0.000001XRP」という小数点以下6桁の端数が発生します。

「そんなの、売り買いして切りよくすればいい」と思うかもしれませんが、取引所にもよりますが、多くの場合、

「0.000001XRP」や

「0.999999XRP」という注文は出せません。

 

現在、私がメインで利用している「BITPoint(ビットポイント)」の場合は、

「0.01」が最小注文単位です。

仮に、「0.123456XRP」という、端数が残ってしまった場合、

売買注文が出せるのは、「0.12XRP」までですので、残りの

「0.003456XRP」は、どうすることもできません。

 

このうち、注文画面には、

「0.0034XRP」だけが表示されます。

また、管理画面には、

「0.003456XRP」すべてが表示されます。

気にしなければそれまでなのですが…

送金する

Twitterを利用して、手軽に「投げ銭」を行うことができる、「XRP Tip Bot」の使い方を覚えたので、実際に送金してみることにしました。

はじめに「bitbank(ビットバンク)」から「XRP」を送金したのですが、そのときは、最低送金額の「20XRP」を送金しただけでした。

 

XRP Tip Bot の使い方 〜 bitbank(ビットバンク)からのXRP入金方法

XRP Tip Bot の使い方 〜 bitbank(ビットバンク)からのXRP入金方法
手軽に「チップ」や「投げ銭」をすることができる、「XRP Tip Bot」を利用していますか? 「XRP Tip Bot」とは、仮想通貨「リップル(XRP....【続きを読む】

 

次に、「BITPoint(ビットポイント)」から「XRP」を送金したのですが、そのときに思いついて、小数点以下6桁を、手入力で入力して送金してみました。

クリックやタップで選択できるのは、小数点以下4桁までですが、手入力で打ち込すれば、それ以下まで入力することができます。(赤く囲ってある箇所)

 

 

そうしてみたところ、

見事に送金できて、「BITPoint(ビットポイント)」の「XRP」残高は、きれいに小数点以下が消えました。

 

XRP Tip Bot の使い方 〜 BITPoint(ビットポイント)からのXRP入金方法

XRP Tip Bot の使い方 〜 BITPoint(ビットポイント)からのXRP入金方法
手軽に「チップ」や「投げ銭」をすることができる「XRP Tip Bot」を利用するためには、まずは、仮想通貨「リップル(XRP)」を「XRP Tip Bot」ア....【続きを読む】

 

そこで、気がついたわけです。

どこかに、送金してしまえばいいことを。

「XRP Tip Bot」へ送金

「XRP Tip Bot」アカウントに「XRP」を送金することによって、「BITPoint(ビットポイント)」では取引できない端数を、すべて送金することが出来ることがわかりました。

他の取引所や、ウォレットなどに送金するときにも、同様に送金できると思います。

また、「XRP」以外の通貨でも、取引所やウォレットなどに送金することができると思います。

ただし、送金した先の取引所で、その単位の取引ができなければ同じことですので、意味がありません。

 

また、「リップル(XRP)」の場合、ウォレット(Ledger)を、アクティベート(有効化)するために、「20XRP」を支払う必要があるのですが、「XRP Tip Bot」アカウントに「XRP」を送金する場合には、この「20XRP」は発生しませんでした。

 

そして、

「XRP Tip Bot」アカウントに送金した「XRP」は、すべて「投げ銭」として、有効に使うことができます。

これは、捨てたり、無視するよりも、よほど有用な使い方です。

おわりに

というわけで、思いがけず、XRPの端数処理の方法が分かって、少しスッキリしました。

私は、「XRP」を指値で注文する時、価格に関しては、あえてキリのいい数字を少しずらして注文しますが、数量に関しては、基本的にキリよく注文しています。

そんなことは、全く気にしない人も多いかと思いますが、もし、あなたが「XRP」の端数が気になるようでしたら、ぜひ、このこの方法を試してみてはいかがでしょうか?

「XRP Tip Bot」のやり方については、別の記事を参考にしてみて下さい。

 

【参考記事】

XRP Tip Bot の使い方 〜 投げ銭のやり方・投げ銭用ページの作り方・ブログへの埋め込み方

XRP Tip Bot の使い方 〜 投げ銭のやり方・投げ銭用ページの作り方・ブログへの埋め込み方
「XRP Tip Bot」を利用して、Twitterで「投げ銭」を行う方法を紹介します。 はじめの設定は、スマホアプリからではなく、パソコンやスマホから公式サイト....【続きを読む】

今回も、ご覧いただき、ありがとうございました。


コメント