2100年未来の天気予報 の動画が話題に!日本の気候はどうなってしまうのか?

2018年の夏は、とんでもない猛暑となりました。

メディアでも、連日のように、「熱中症への厳重警戒」が呼びかけられていました。

命にかかわる暑さ」という言葉もよく聞かれました。

昔は真夏でも、最高気温は30℃前後で、どんなに高くても32℃〜33℃だったように思います。

ところが、2018年の7月・8月は「体温を超えるような猛暑日」が連日のようにありました。

この暑さは、今年だけなのことでしょうか?

それとも…

 

最高気温更新が相次いだ2018年

2108年7月23日、埼玉県熊谷市で41.1℃を観測して、5年ぶりに過去最高記録を更新しました

この記録は、2013年8月12日に41.0℃まで上昇して、日本での最高気温となっていた、高知県江川崎の記録を、5年ぶりに更新して、歴代日本最高記録となりました。

また、2108年7月23日は、埼玉県熊谷市以外の各地でも、観測史上最高を更新した地点も数多くありました。

そして、東京都でも初の40℃超えとなりました。

 

さらに、暦の上で立秋も過ぎた、2018年8月22日、新潟県の胎内市で、40.8℃、三条市で、40.1℃、上越市で、40.0℃と、新潟県でも、軒並み40℃超えを記録しました。

そして、県庁所在地のある新潟市でも、39.6℃を記録し、1909年に記録した39.1℃を、およそ100年ぶりに更新しました。

気象庁によると、8月下旬に気温が40℃以上になるのは、国内の観測史上で初めてのことだということです。

これまでの記録は、2007年8月17日に、岐阜県多治見市で観測された40.8℃が、1年を通じて最も遅い40℃台でした。

【関連記事】
日本の最高気温ランキング 2018年版!2018年の夏はこんなに暑かった!

日本の最高気温ランキング 2018年版!2018年の夏はこんなに暑かった!
2018年の夏は、これまでにない猛暑が、世界中を襲いました。 日本でも、体温を超えるような猛暑日が数多くあり、連日のようにニュースになりました。 2018年....【続きを読む】

2100年未来の天気予報

地球温暖化防止のための国民運動「COOL CHOICE」が公開している「2100年未来の天気予報」をご存知でしょうか?

3分程度の動画が公開されていいますので、気になった方は、ご覧になってみてください。

■ 2100年未来の天気予報【全国版】

2100年未来の天気予報【全国版】

全国で12万人が熱中症で病院に搬送される

気温が30℃以上の真夏日が、大阪で4ヶ月半、東京で3ヶ月半

東京、名古屋の予想最高気温が44℃

…など、なかなか刺激的な内容になっていますが、今年の夏の暑さを経験したあとでは、

ありえなくもない

というのが、私の感想です。

最高気温に関しては、45℃を超えるような気もします。

 

気象庁の予測では、

現状を上回る温暖化対策を行わない場合、世界の平均気温は、21世紀末には、最大で4.8℃上昇する

というシナリオが描かれており、それに基づいて、「2100年未来の天気予報」は、制作されているよです。

「2100年未来の天気予報」は、環境省が主導する、地球温暖化防止のための国民運動『COOL CHOICE』の一環として、温暖化の影響や対処法を啓蒙すべく作成されたコンテンツです。

2018年の記録的な猛暑に関連して、テレビ等で注目を集めたましたが、もともと、地球温暖化に関する情報を、わかりやすく伝えるための「地球温暖化防止コミュニケーター」が活用するためのコンテンツでもあるようです。

2018年8月現在、約2,800名の地球温暖化防止コミュニケーターが登録されており、セミナーや小中学校の出前授業など、それぞれの活動の場で活用されているとのことです。

 

COOL CHOICE とは

「COOL CHOICE」とは、2030年度に温室効果ガスの排出量を、2013年度比で26%削減するという目標達成のため、省エネ・低炭素型の製品への買換・サービスの利用・ライフスタイルの選択など、地球温暖化対策に資する「賢い選択」をしていこうという取組のことです。

出典:http://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/

COOL CHOICE 未来のために、いま選ぼう。
COOL CHOICEとは、気候変動対策及び温室効果ガス削減をテーマにした2030年まで継続する新国民運動です。

地球温暖化防止コミュニケーター とは

地球温暖化防止コミュニケーターとは、地球温暖化に関する情報を人から人に直接伝える‘伝え手’です。

地球温暖化防止コミュニケーターには、「世界の平均気温を産業革命以前から2℃未満に抑える」という国際的な目標を達成するために、気候変動問題への国民の理解と積極的な取組が喫緊の課題であることをあらゆる層の人々に伝え、ひいては民生部門におけるCO2の排出削減につなげることが期待されています。

地球温暖化防止活動推進員や気象予報士、企業のCSR・営業担当者、自治体職員、教員、学生など、全国で約2,000名(2016年度末時点)の方が活躍しています。

出典:https://ondankataisaku.env.go.jp/communicator/

気候変動の、いまを伝える 地球温暖化防止コミュニケーター
地球温暖化防止コミュニケーターとは、「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」により作成された「第5次評価報告書(AR5)」の内容を、広く一般の国民に伝えて いく「伝え手」として活動する人々です

電気とエアコンなしで生きられるのか?

これだけ暑くなると、もはや、最高記録がどうだこうだなどと、騒いでいる場合ではありませんね。

この暑さに、いかに対応して生きていくか?

ということを真剣に考えなくてはいけません。

具体的には、日中に屋外にいるのは危険、もしくは辛いということです。

 

また、屋内にいれば、暑さは凌げるのですが、私には、気がかりなことがあります。

それは、

もはや人は、エアコンがなくては、生きていけないのではないか?

ということです。

もしも、真夏にエアコンが壊れたら、どうしますか?

 

そして、もっと怖いのが、

もしも、電力供給の安定供給が絶たれたら…

想像するだけでも恐ろしいです。

おわりに

私は、最近の暑さを経験して、個人的には、次のようなことが考えられます。

より涼しいところに移住する

外に出なくても、収入が得られる仕事をする

できることはネットで対応する

私は、このような対応策の実行を、真剣に検討しています。

 

子どもにも、好きな仕事をしてもいいけど、

通勤をしなくてはいけない仕事

天候かかわらず、日中、外に出なくてはいけない仕事

誰かに使われる仕事

などの仕事は、やめておいたほうがいいと伝えています。

 

2100年といえば、今現在の大人は、生きている人のほうが少ないと思います。

しかし、私たちの子どもや孫は、生きている可能性が高いです。

個人で気候変動をコントロールすることはできませんが、行き方やライフスタイルは、変えることができるのです。


今回も、ご覧いただき、ありがとうございました。


コメント