QS世界大学ランキング 2019年版科目別 日本はアジアでもランクダウン

高等教育評価機関クアクアレリ・シモンズ社(QS)は、「2019年版科目別QS世界大学ランキング」を発表しました。

「2019年版科目別QS世界大学ランキング」は、78ヶ国・1,200校以上の大学を対象に、48科目・5学問領域について順位付けしたものです。

QSは、2004年から毎年、世界大学ランキング(QS World University Rankings)を発表しており、大学評価に最も広く活用されています。

2018年度は、科目別世界大学ランキングで、3,700万件以上、世界大学ランキングでは、7,300万件以上のアクセスがありました。

2019年版科目別QS世界大学ランキング

「2019年版科目別QS世界大学ランキング」は、

・125万件以上の学術調査に回答した83,000人以上の学術関係者の評価
・199,123件の雇用主調査に回答した42,000社以上の雇用主の評価
・2,200万件の学術論文

を基に、約1億500千万件の引用が蓄積されているエルゼビア社「Scopusデータベース」からの調査結果をもとに作成されています。

「2019年版科目別QS世界大学ランキング」では、日本の48大学・395科目がランクインしました。

2018年と比べ71科目がランクアップしましたが、126科目がランクダウンしています。

科目別トップトップ20

「2019年版科目別QS世界大学ランキング」の

1位…アメリカの410学部
2位…イギリスの196学部

でした。

 

トップ20位入りした日本の学部数は、20学部で世界10位でした。

日本は、アジア地域だけで見ても、中国・香港に抜かれ、シンガポールに次ぐアジア2位から、アジア4位へとランクダウンしてしいまた。

科目別トップ10位

日本の大学が、科目別トップ10位にランクインしたのは、わずか3科目でした。

8位…東京大学の現代語学
(Modern Languages)

10位…物理学・天文学
( Physics & Astronomy)

10位…東京医科歯科大学の歯科学
(Dentistry)

東京大学は、48科目中40科目がランクインし、アジアのベスト総合大学の一角を維持するも、25科目が2018年よりダウンし、アップしたのは、わずかに7科目のみでした。

参考:【QS Quacquarelli Symonds】QS World University Rankings by Subject

おわりに

相変わらず、アメリカとイギリスの大学が世界のトップ2を占めています。

日本の大学は、近年、アジアだけで見ても、中国などに抜かれ、順位を下げています。

教育水準の低下は、将来的に生産性の低下につながります。

この結果だけをみても、残念ながら、日本の将来は、決して明るくないと言えそうです。


今回も、ご覧いただき、ありがとうございました。


コメント