iPhone 11 Max はトリプルレンズ仕様?【2019年新型 iphone】

スマホのレンズモジュールの、台湾の大手サプライヤー「Largan Precision」によると、「2019年は、トリプルレンズの需要が高まる」ということです。

「Largan Precision」の3レンズ仕様カメラユニットの需要は、今後、増加する見通しとなっています。

そして、「Apple」が、2019年にリリースする「新型iPhone」でも、トリプルレンズ仕様が発売される可能性が高まっています。

   

トリプルレンズ

「Largan Precision」は、既に中国の「OPPO」、「VIVO」、「HUAWEI」などに加え、韓国の「SAMSUNG」から「3レンズ仕様カメラユニット」の受注を受けていて、2019年は、さらなるビジネスの拡大を見込んでいます。

 

「MacRumors」に掲載された「Digitmes」のレポートには、「Apple」が2019年に発売する「新型iPhone」に、新たなハードウェアを提供する可能性が報じられています。

 

「Digitmes」によると、

これまでの実績から考えて、「Largan Precision」が、アップル向けの3レンズモジュールの製造を受託する可能性は高い。
同社は、アップルの競合メーカーの製造を請け負っていることで、コスト面での競争力も高く、技術的信頼度も十分だ。

出典:Digitmes

というように述べられています。

iPhone 11 Max

2019年9月に発売が予定されている「新型iPhone」のうち、「iPhone 11 Max」と暫定的に呼ばれている端末が、トリプルレンズ仕様になると予想されています。

「iPhone 11 Max」(仮称)が、トリプルレンズ仕様になるとすれば、それは、「Apple」初の3カメラ仕様のiPhoneということになります。

 

しかし、「HUAWEI」は、2018年3月に、スマホ史上初のトリプルカメラ端末「P20 Pro」を発表していますので、「Apple」は、18カ月も遅れて、同じテクノロジーを市場に送り出すことになります。

 

これまで、イノベーティブで、新たなテクノロジーを世に送り出すことを自負してきた「Apple」が、トリプルレンズの投入にこのような遅れをとったことは、スティーブ・ジョブズ亡き後の、ティム・クックが指揮する「Apple」が、イノベーションの先駆者ではなく、追う側になったという意見もあります。

おわりに

今回のニュースから感じることは、2つあります。

まず1つ目は、創業者(スティーブ・ジョブズ)の偉大さと、それを引き継ぐことの難しさです。

おそらく、スティーブ・ジョブズのような、偉人というか変人が創り出したものを引き継ぐことは、相当に難しいことなのだと思います。

スティーブ・ジョブズは、あの世で嘆いているかもしれませんね。

 

2つ目は、冷静に考えたときに、

「はたたして、スマホのカメラにトリプルレンズ仕様が必要なのか?」

ということです。

私にとっては、スマホのカメラは、シングルレンズですら十分です。

 

人々は、それほどまでに、スマホのカメラ機能に拘っているのでしょうか?

私には、適正な価格と、適正なサイズのiphoneがあれば、それで十分です。


今回も、ご覧いただき、ありがとうございました。


コメント