Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/allgood/trend-new.net/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

新 iPhone(2019)は 指紋認証 Touch ID が復活か? Face ID 併用でパスポート化も視野に

アップルが今後発売する iphone などの端末で、指紋認証センサーの「Touch ID」の復活を検討中であることが、ニュースサイト「Patently Apple」の記事で明らかになりました。

アップルが出願した特許書類には、新たな指紋センサーが顔認証の「Face ID」とともに用いられることが記載されています。

また、新型の指紋センサーは、ディスプレイ内蔵型になるかもしれません。

指紋認証センサーの「Touch ID」は、「Face ID」の補助的役割も果たしますが、独立した認証システムとしても機能することが、特許書類に記されているようです。

噂では、新型の「Touch ID」は、既に完成している可能性も、十分にあるといいます。

 

Touch ID の復活に期待したい理由

指紋センサー「Touch ID」の復活に期待したい理由としては、

まずは、iPhone のロックを解除する際には、顔認証よりも指紋認証のほうがスピーディーに行えることでしょうか。

 

さらには、セキュリティを高める上で、複数の生体認証の組み合わせは望ましいことです。

個人的にも、最近では、財布を持ち歩くことが、めっきり減りました。

iphone があれば、多くの場面で、支払いは、なんとかなってしまいます。

クレジットカードを、Apple Pay に登録しておけば、わざわざ財布からクレジットカードを出す必要はありません。

最近では、「PayPay」や「Line Pay」などの決済サービスの普及も広がっていますので、ますます、スマホ決済が進むことは間違いありません。

 

また、最近では、仮想通貨などの取引で、二段階承認の解除をする際にも、スマホが必要です。

スマホを落としたり、なくしたりすると大変なのですが、セキュリティが強化されることで、万が一の際に、被害を防げる可能性が高まります。

 

Apple はかつて、iPhone が将来的にパスポートの役割を果たすというプランを提示していましたが、「指紋認証」と「顔認証」という、2つのデータの組み合わせで、その目標に近づくことできるそうです。

時期 iphone

Apple の2019年の端末は、5G対応とならないことが、ほぼ確定的です。

また、デザイン面でも、あまり進化のないモデルになると予測されています。

となると、買い控えが起こる可能性が高い年になりそうです。

「Touch ID」の復活は、アップルファンたちを魅了できる材料かもしれません。

業界最高レベルの顔認証である「Face ID」と、ディスプレイ内蔵の指紋センサー、新型「Touch ID」の組み合わせは、アップルの大きな強みになるはずです。

おわりに

かつて「お財布携帯」なんて言葉もありましたが、いつの間にか、スマホが決済が当たり前になりました。

キャッシュレス化が遅れている日本ですが、一定の年代以下の人たちは、今後ますます、現金決済をしなくなっていくと思います。

さらには、今後は、法定通貨だけではなく、トークン(仮想通貨・暗号資産)での支払いも増えてくると思いますので、この流れは、もはや止まることはないでしょう。

そこで課題となってくるのが、セキュリティの強化です。

「顔認証」と「指紋認証」の組み合わせによって、間違いなくセキュリティは向上します。

次期 iphone の発表が、今から楽しみです。


今回も、ご覧いただき、ありがとうございました。


コメント