副業 平均月収はいくら?2018年〜2019年の副業事情

政府が進める「働き方改革」の一環で、副業を解禁する企業は、少しずつ増えています。

しかし、ある研究所の調査によると、実際には、

副業を行っている正社員の割合は、10.9%

だという結果がでています。

一方、

「今後、副業をやってみたい」と考えている人の割合は、41.0%

と高い結果となっており、今後は、副業を行う人が増加していくことが考えられます。

 

また、今回の調査では、副業をしていいる人の、平均月収も分かってきました。

さらには、副業を行っている人の、長時間労働などの問題点も浮かび上がっています。

今回は、2018〜2019年現在の、副業事情に迫ってみたいと思います。

 

副業調査

副業期間

副業をしている人に、その開始時期を聞いたところ、

– 1年以内 …… 41.3%
– 2年前から … 14.5%
– 3年前から … 12.5%

という結果でした。

副業が、世の中に浸透していない時期から行っていた人も、多く存在していたことになりますが、多くは1年以内となっています。

職種

副業をしている正社員の職種は、

– 経営・経営企画 … 21.2%
– 人事・教育 … 18.1%
– 法務 … 15.1%
– ドライバー … 15.0%
– 総務…14.0%

などという結果となっています。

時間と月収

副業に取り組む時間と、平均月収は、

– 副業に取り組む平均時間 … 1週間当たり10.3時間
– 副業による平均月収 … 6.8万円

という結果になりました。

平均して6.8万円という金額は、思ったよりも多いように思いますが、実際には、これは平均値なので、数十万円稼いでいる人と、1万円程度の人など、様々でしょう。

 

しかし、なかには、本業を含む1週間の総労働時間が、70時間を超える人が、1割程度存在していることも明らかになりました。

これは、週5日勤務に換算すると、1日14時間も働いている計算になります。

しかし、週末に目一杯、副業を行えば、それくらいはいくでしょう。

副業のマイナス面

実際に副業をしている人があげた、副業のマイナス面としては、

– 過重労働になり体調を崩した … 13.5%
– 過重労働になり本業に支障をきたした … 13.0%
– 本業がおろそかになった … 11.3%
– 競業によって本業に不利益を出してしまった … 8.2%
– 本業の情報を持ちだしてしまった … 7.9%
– 本業の企業のイメージダウンになるような問題を起こしてしまった … 6.9%

などの問題が明らかになっています。

今後は、過重労働にならないよう、副業者自信が、セルフマネジメントを行うことが必要と言えるでしょう。

副業のプラス面

一方、副業をしている人のプラス面としては、

– 既存のやり方にこだわらず、よいと思ったやり方で仕事をするようになった…43.5%
– 自分の仕事のやり方や経験を、定期的に振り返るようになった…40.5%

など、副業に取り組むことで、本業の進め方に良い影響があったとする意見もありました。

人気の副業

人気の副業は、男女別に、

男性

– 株などの投資
– ライター
– アルバイト・派遣
– web関連
– デジタルコンテンツ作成

女性

– 飲食店
– ライター
– 接客業・サービス業
– 講師・インストラクター
– 派遣

 

となっています。

男女ともに、2位に「ライター」が入っているところが興味深いですね。

この「ライター」とは、「デジタルコンテンツ作成」や「web関連」とは別にされていることから、自分のホームページやブログなどのメディアではなく、クラウドソーシングサービスなどで仕事を見つける、いわゆる「外注ライター」のことだと思います。

もしかしたら、「note」などで、自分が書いたコンテンツを販売しているのかもしれません。

あるいは、著名人の「ゴーストライター」かもしれません。

 

「デジタルコンテンツ作成」は、ブロガーやユーチューバー、アフィリエイターなどでしょう。

「web関連」は、webデザインや、プログラミング関係だと思います。

 

これらの仕事は、外に出かけるアルバイトや派遣よりも、体力的・時間的に効率的なのでしょう。

街ゆく人の意見

これまでみてきたような、副業の平均月収や、副業の問題点について、街ゆく人の反応は、

7万円は大きい。家賃が払える(20代)
「月7万円は多くはない。自分は、普通にサラリーマンで営業職をしながら、いわゆる投資に少しお金をかけている。副業であれば、2桁はやっぱり稼ぎたい(30代)
自分は仕事でフルにエネルギー使うので、なかなかそこまでいかない(40代)
自己管理で、うまくやらないと、副業が副業じゃなくなる。本業の仕事に支障をきたし、周りから見てちょっと集中力欠けてるとか、気づかないところや、至らないところが多いのは見え隠れしている(30代)
働き方改革ではないが、自分で、その辺はバランスとって、できるんだったらいいと思うし、無理してやるなら、やっぱり良くないのではないか。基本給が上がっていくのが、本当はいいのだろうとは思う(30代)

まとめ

いかがだったでしょうか?

政府が副業や兼業を後押しするなかで、副業を自分自身でコントロールする難しさも、浮き彫りとなっています。

いわゆる「セルフブラック企業化」しないように、そこは自分自身で、気をつけなくてはいけません。

 

また、一生、そのペースで働くということは、厳しいのではないかと思います。

そのため、残業と同じく、労働をやめるたら収入が途絶えてしまうような副業ではなく、数年後に資産になるような副業をするのが、賢い副業のやり方ではないでしょうか?

 

いずれ、副業が本業を超える日がくれば、会社をやめて副業にフルコミットする、という選択肢も選ぶことができます。

そのためには、「嫌なこと・苦手なこと」ではなく、「好きなこと・得意なこと」を副業にする必要があります。

 

ところで、

あなたは、いま、何かしらの副業をやっていますか?


今回も、ご覧いただき、ありがとうございました。


コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク