リップル(XRP)の上場は Coinbase(コインベース)か NASDAQ(ナスダック)か?

アメリカ最大の新興企業向けの株式市場「NASDAQ(ナスダック)」が2019年の初めに、仮想通貨取引所を開設しようとしているということです。

そして、最初に上場させる仮想通貨の一つとして「Ripple(リップル、XRP)」を検討していることが、ICOジャーナルの複数の関係者の話として報じられました。

最近、なにかと話題のリップルに、さらなる追い風が吹くかもしれません。

 

Ripple と NASDAQ

ナスダックは、上場を検討する指標の一つとして、それぞれの仮想通貨の時価総額を重視しているとされています。

ナスダックの関係者は、仮想通貨の規模に関心を寄せていて、
時価総額が全てだ。
リップル(XRP)が、時価総額で第2位になるのも時間の問題だ。
だからリップルを我々の最初の仮想通貨に入れるのは、考える必要のないことだ。
時価総額が上位5〜7位以内の仮想通貨の上場を開始するなら、リップルを候補から除外する理由は見当たらない。
リップルを除外するその代わりには、我々は彼らが何をもたらしてくれるかを評価する。彼らが一流の経営チームを持っていて、うまく仕事をしていることに対して議論の余地はない。

などと話しているといいます。

 

また、ナスダックの仮想通貨の検討に際しては、時価総額の多い「イーサリアム(ETH)」よりも「リップル(XRP)」に関する話題が多く挙がっているともいいます。

最近では、イーサリアム(ETH)の価格低迷と、「リップル(XRP)」の価格急騰によって、「リップル(XRP)」の時価総額は、イーサリアム(ETH)を追い越す勢いで、実際に、時々2位と3位が入れ替わることがあります。

 

リップルのナスダック上場の件については、リップルの幹部も、ナスダックへの上場の話を進めていることを認めています。

そして、リップル幹部は、

ナスダックとの間で上場について話し合っている。
デュー・ディリジェンスのためのすべての質問に答える意思がある。
我々は今自分たちが行っていること、我々の商品、そしてXRPを信じている。
上場に関する話を進めることはとても楽しく、非常に興奮している。
ナスダックの仮想通貨取引所と、そのサービスは特別なものになるだろう。

と述べているそうです。

NASDAQ(ナスダック)

NASDAQ(ナスダック、National Association of Securities Dealers Automated Quotations)は、1971年に全米証券業協会(NASD)の主催で開設された、アメリカ合衆国にある世界最大の新興企業(ベンチャー)向け株式市場です。

情報技術の普及・浸透により誕生した取引の一形態です。

取引所とは異なり、距離の離れたマーケット事業者が、コンピュータネットワークを使用して売買気配値を提示します。

近年は、インターネット・情報技術関連企業が、こぞって市場に参入するようになりました。

2000年にはインターネット・バブルにより、当市場にて算出される株価指数のナスダック総合指数が、一時5000ポイントを超えました。

2015年、ナスダック総合指数は、2000年のインターネットバブル時の、5000ポイント台まで回復しました。

ニューヨーク市マンハッタンのタイムズスクエアの一角には、上場企業の株価を100台以上の大型テレビで表示するナスダックマーケットサイトがあり、テレビメディアがここから最新の動向を伝え、巨大テレビを利用して株価を表示したりします。

また、ビルの外壁一面にLEDディスプレイが取り付けてあり、広告効果が高くなっています。

出典:ウィキペディア

Coinbase(コインベース)

リップルは、これまで「Coinbase(コインベース)」への上場を目指していました。

coinbase(コインベース)は、アメリカのサンフランシスコを拠点とする、大手仮想通貨取引所です。
仮想通貨業界では歴史ある取引所で、業界初のユニコーン企業としても有名です。
ユニコーン企業とは、未上場で企業評価額が10億ドルを超える企業のことを指します。
語源となっているユニコーンは、額に角を持つ馬のような動物で、とても珍しい伝説の生き物です。
ユニコーンという言葉が持つイメージから、未上場で企業評価額が10億ドルを超える稀有な企業のことを指して、ユニコーン企業と呼ぶようになりました。

出典:https://bitdays.jp

リップルは、コインベースと1年近くにわたって、上場に関する話を進めてきましたが、話はまとまっていないようです。

一方で、コインベースは、新規上場に関する条件を大幅に修正したため、リップル上場の噂も立っています。

しかし、これまでのところ、コインベースへの上場発表はないため、リップルとしては、ナスダック上場に力を入れているとも考えられます。

おわりに

ナスダック、コインベース、いずれに上場するにせよ、リップルの流動性にプラスの影響を与えることは間違いなさそうです。

もしもリップルの上場が決まれば、さらなる価格の上昇を、後押しする材料になることは間違いなさそうです。

問題は、「いつリップルを仕込むか?」ということです。


今回も、ご覧いただき、ありがとうございました。

いつも、ご支援ありがとうございます!


コメント