リップル(XRP)の将来性 とリップル(XRP)が買える仮想通貨交換業者(販売所・取引所)【 2018年】

2018年9月末、「リップル社」が主催する国際カンファレンス「SWELL 2018」への期待もあり、仮想通貨「リップル(XRP)」の価格は高騰しました。

そして、それにともなって、今回、史上初めて、Googleの検索数を示す「Googleトレンド」で、「リップル」が「ビットコイン」を上回わりました。

それほどまでに、いま、「リップル」への注目が高まっています。

 

リップルとは?

「リップル(XRP)」は、「ビットコイン(BTC)」などの仮想通貨とは少し異なります。

「リップル(XRP)」とは、サンフランシスコに本社を置く「リップル社」が発行した「送金・決済システム」のことです。

そこで使われている仮想通貨「XRP」を俗称で「リップル」と呼んでいます。

「リップル(XRP)」が最初に誕生した時は、1XRP=1円以下でしたが、その後、送金を素早く行える機能が高く評価されはじめ、注目を集めるようになっていきます。

そして、2017年はじめには、1XRP=約3円ほどだった「リップル(XRP)」が、2017年後半にかけて高騰し、12月には、一時400円近くの値をつけ、注目を集めました。

リップルの発行枚数

「リップル(XRP)」の発行枚数は1,000億枚とされています。

「ビットコイン(BTC)」や「ビットコインキャッシュ(BCH)」の発行上限は、2,100万枚ですので、それらと比べると、「リップル(XRP)」の発行枚数は多いと言えます。

発行枚数が多いので、価値が上がりにくいのでは? と思うかもしれませんが、仮想通貨の中には、「イーサリアム(ETH)」のように発行上限が決められていない仮想通貨も存在します。

発行上限が決められていない「イーサリアム(ETH)」などと比べると、希少性が生まれやすく、価値の保持もしやすくなります。

 

「リップル(XRP)」の発行枚数が多い理由としては、「リップル(XRP)」が、年間6,000憶ドルともいわれる国際送金市場で使われることを目的にしているからです。

より多くの人が「リップル(XRP)」を保有し、送金に活用できるように、発行枚数が多く決められていると言われています。

 

BITPOINT

リップルの特徴

「リップル(XRP)」が、他の仮想通貨と異なる点は、送金のスピードがとても早いことです。

「ビットコイン(BTC)」では、最短でも10分ほどはかかる送金が、「リップル(XRP)」だと数秒で完了します。

「リップル(XRP)」の送金は、手数料が低いため、銀行や送金業者にとっても「リップル(XRP)」を利用するメリットは大きくなります。

現在の国際送金市場は、「JPモルガン」や「シティグループ」などの金融機関により、独占されていて、手数料は高く、送金には、2日以上かかっています。

しかし、「リップル(XRP)」を使えば、通常であれば2日以上かかっていた国際送金を、わずか5秒で終わらせられ、かつ手数料も安くてすみます。

銀行や金融機関にとって、XRPを利用した国際送金はとても魅力的なのです。

中央集権通貨と非中央集権通貨

「リップル(XRP)」が、他の仮想通貨とは違う、もう一つの点は、「リップル(XRP)」は「リップル社」によって管理されているというところです。

本来、「ビットコイン(BTC)」などの仮想通貨は、非中央集権通貨と言われており、誰からも管理されない仕組みとなっています。

「ビットコイン(BTC)」などの仮想通貨の取引承認作業である「マイニング」も、不特定多数の人が参加できる仕組みとなっています。(実際には、電気料金の安い中国などの、企業や組織による寡占化が進んでいますが。)

一方の「リップル(XRP)」の場合は、「リップル社」が管理を行っており、取引承認処理も、「リップル社」が認定した一部の承認者(バリデータ)しか、行うことができない仕組みになっています。

そのため、他の仮想通貨に比べて、「リップル(XRP)」は中央集権的なため、批判されることもあります。

しかしそれは、「リップル社」の経営陣がスムーズに意思決定を行い、金融機関や企業などとの提携契約を結びやすいというメリットにもつながります。

「リップル社」は、「ビルゲイツ財団」と提携して開発を行っており、世界数十ヵ国の銀行や決済業者とも既に提携を結んでいます。

また、すでに「リップル(XRP)」を利用した送金実験も行っています。

すでに多くの機関と提携ができたのは、「リップル社」と、その経営陣が存在するからだともいえる。

意見をまとめ、提携などの実行に移すことが容易になることが、「リップル(XRP)」のような中央集権型の仮想通貨のメリットでもあります。

 

BITPOINT

リップルの将来性

「リップル(XRP)」の将来性は、「リップル(XRP)」が今後、多くの機関で実際に使われるかどうかで決まるといってもよいでしょう。

「リップル(XRP)」は、低い手数料で、どのような場所から場所へでもスピーディーに送金できます。

例えば、日本から地球の裏側のチリに送金する場合でも、ほんの数秒で送金が完了します。

「リップル社」が進出しようとしている国際送金市場では、国境を越えた送金は通常、数日かかり、コストも高いため、送金に「リップル(XRP)」を使うことは、ある意味自然なことだと言えます。

ある程度「リップル(XRP)」のシステムを使う銀行が増えれば、その後は、加速的に「リップル(XRP)」を採用する銀行が増えることが予想されます。

リップルの実需予想

「リップル(XRP)」は、2017年末に最高価格を記録して以来、右肩下がりで価格が下落していっており、「リップル(XRP)」の先行きに関しては、大きな不安を抱いている人が多いのも事実でしす。

しかし、その値動きに反して、「リップル社」のプロジェクトは着々と前に進んでいます。

「リップル社」の創業者であるクリス・ラーセン氏は、「リップル社」が、すでに100を超える企業や機関と製造契約を結んでいると明らかにしています。

また、産油国であるクウェートの最大の銀行である「クウェート国立銀行」とも契約するなど、他の仮想通貨では、考えられないようなスピードで提携が進んでいます。

「リップル(XRP)」は、あくまでも実用性本位に見るべき「システム」です。

「リップル(XRP)」の値動きにしても、一過性の価格の乱高下ではなく、今後の実需を参考に先行きを見るべきです。

リップルの問題点

一方、「リップル(XRP)」にも、問題点と思われることもあります。

それは、「リップル(XRP)」の証券問題です。

「リップル(XRP)」は、他の仮想通貨とは違い、「リップル社」がコントロールできるという、ある意味で、中央主権的な仮想通貨です。

このことから、「リップル(XRP)」は、仮想通貨ではなく、証券ではないのか? と批判されることが多くあります。

「リップル(XRP)」を取引承認するバリデータ(承認者)は、「リップル社」が認めた機関しかなることができません。

また、総発行数の1,000億枚のうち、「リップル社」が、約550億枚を「ロックアップ」として保有していることも問題視されています。

しかし、アメリカの大手仮想通貨取引所「ビットレックス(Bitrrex)」をはじめとする、仮想通貨取引所3社は、「リップル(XRP)」を使った送金システム「X-Rapid」に参加することを発表するなど、「リップル(XRP)」の利用に積極的な姿勢を見せている。

仮想通貨取引所は、「リップル(XRP)」の証券問題に対して、不安を感じていないということであり、明るいニュースとも言えます。

 

BITPOINT

リップルが買える取引所

「リップル(XRP)」は、国内の仮想通貨取引所で売買できます。

日本の取引所で「リップル(XRP)」を扱っているのは、

・ビットバンク
・ビットポイント
・ビットトレード
・Liquid by Quoine
・GMOコイン
・DMMビットコイン
・SBIバーチャル・カレンシーズ

となっています。

これらはすべて、金融庁が認可した仮想通貨取引業者ですので、安心して取引ができます。

仮想通貨取引業者は、たくさんあり、実際に使ってみないと、使い心地はわかりません。

また、登録が1つだけというのも、不安が残りますので、メインで利用する仮想通貨取引業者と、サブで利用する仮想通貨取引業者をいくつか選んで登録しておくといいでしょう。

口座開設には、3日〜1週間程度かかりますので、仮想通貨取引業者の口座は、あらかじめ開設しておくことをオススメします。

また、クイック入金(即時入金)に対応できる、ネットバンキング口座もあると便利です。

おわりに

今や、「リップル(XRP)」の時価総額は、「イーサリアム(ETH)」を追い越す勢いで、実際に、時々、2位と3位が入れ替わることがあります。

2018年以降、「リップル(XRP)」の価格は、大きく変動することが予想されます。

じつを言うと、私も投資信託なんかやっていないで、もう少し早く「リップル(XRP)」を買っておけばよかったと、かなり後悔しています。

価格が上がり始めると、「高値づかみ」が怖くて、なかなかエントリーするタイミングできなくなります。

しかし、「リップル(XRP)」の価格は、まだ2桁です。(2108年9月末現在)

それが3桁、4桁、5桁となったときには、買値が30円でも70円でも、それほど気にならないと思います。

と思って、私も遅ればせながらエントリーしています。

しかし、いざ買おうと思っても、仮想通貨取引業者の口座を持っていないことには、買うに買えません。

申し込みは、すぐに完了しますが、実際に入金して、「リップル(XRP)」が買えるまでには、3日〜1週間近くかかります。

口座開設は無料で、口座維持費などもかかりませんので、とりあえずいくつか申し込んでおくと、買い時を逃さずにすみます。

 

【関連記事】

取扱コインで選ぶ 仮想通貨交換業者(販売所・取引所)取扱コイン比較一覧表 【2018年版】

取扱コインで選ぶ 仮想通貨交換業者(販売所・取引所)取扱コイン比較一覧表 【2018年】
仮想通貨を手に入れる方法としては、 ・マイニングの報酬として手に入れる ・ATMで購入する ・仮想通貨交換業者 に登録して購入する ・キャンペーンなどでもらう ....【続きを読む】

今回も、ご覧いただき、ありがとうございました。

いつも、ご支援ありがとうございます!


コメント