2018年の夏は記録ずくめだった!最高気温・降水量・台風発生数などで記録を更新

気象庁が、2018年の夏(6~8月)の天候まとめ、発表しました。

東日本の平均気温は、平年を1.7℃上回り、1946年の統計開始以来、最も高かったということです。

東日本にお住まいの方で、「1946年の統計開始以来、最も高かった」ということに、異論を唱える人はいないでしょう。

ほんとうに暑い2018年の夏でした。

また、沖縄・奄美の降水量が、史上最多になったほか、台風発生数も最多に並ぶなど、2108年の夏は、記録ずくめの夏となりました。

 

国内観測史上最高を更新

気象庁の発表によると、チベット高気圧と太平洋高気圧が張り出したことが、2018年の夏の猛暑の原因だということです。

東日本の平均気温は、平年より1.7℃高く、1946年の統計開始以来、最も高くなりました。

一方、西日本では、平年より1.1℃高くなり、2013年に次ぐ暑さとなりました。

2018年7月23日に、埼玉県熊谷市では、最高気温が41.1℃まで上昇し、国内観測史上最高を、5年ぶりに更新しました。

2018年8月23日には、台風20号の風が、山越え時に乾燥して温度が上がる、「フェーン現象」が発生し、新潟県胎内市で40.8℃と、北陸で初めて40℃以上の最高気温となりました。

また、8月下旬に気温が40℃以上になるのも、国内の観測史上初のことでした。

2018年は、立秋をすぎても猛暑が収まらなかったことから、「猛残暑」という言葉も話題となりました。

 

猛残暑とは? 猛暑・猛暑日・残暑・立秋などの言葉をわかりやくすく整理してみた

猛残暑とは? 猛暑・猛暑日・残暑・立秋などの言葉をわかりやくすく整理してみた
「猛残暑?」 そんな言葉あったっけ? 「もう、残暑?」 ではありませんよ。 猛暑とは まず、猛暑とは、どれくらいの暑さのことをいうのでしょ....【続きを読む】

日本の最高気温ランキング

2018年の夏は、日本の最高気温ランキングも、かなり更新されました。

40℃以上だけをみても、7つの観測地点の最高気温が、2018年の記録となっています。

順位観測地点都道府県観測値観測日
1熊谷埼玉県41.1℃2018年7月23日
2美濃岐阜県41.0℃2018年8月8日
2金山岐阜県41.0℃2018年8月6日
2江川崎高知県41.0℃2013年8月12日
5多治見岐阜県40.9℃2007年8月16日
6青梅東京都40.8℃2018年7月23日
6山形山形県40.8℃1933年7月25日
6中条新潟県40.8℃2018年8月22日
9甲府山梨県40.7℃2013年8月10日
10かつらぎ和歌山県40.6℃1994年8月8日
10天竜静岡県40.6℃1994年8月4日
12勝沼山梨県40.5℃2013年8月10日
13越谷埼玉県40.4℃2007年8月16日
13三条新潟県40.4℃2018年8月22日
15名古屋愛知県40.3℃2018年8月3日
15館林群馬県40.3℃2007年8月16日
15上里見群馬県40.3℃1998年7月4日
15愛西愛知県40.3℃1994年8月5日
19牛久千葉県40.2℃2004年7月20日
19佐久間静岡県40.2℃2001年7月24日
19宇和島愛媛県40.2℃1927年7月22日
22酒田山形県40.1℃1978年8月3日
23前橋群馬県40.0℃2001年7月24日
24大潟新潟県40.0℃2018年8月22日

(更新日:2018年8月24日)

史上最多

東日本が、記録的な暑さだった一方、沖縄・奄美の降水量は、史上最多になりました。

降水量は、台風が多く通過した沖縄・奄美が、平年比国内観測史上最高177%で、統計史上最多になりました。

前線の影響が強かった北海道・東北の日本海側は、平年比165%、西日本太平洋側は、平年比133%でした。

6月末から7月上旬には、西日本を中心に広い範囲で大雨となり、平成に入って最悪の被害をもたらした西日本豪雨も発生した2018年の夏でした。

 

 台風発生数 史上最多

台風も、史上最多に並ぶ発生数となりました。

台風は、6月〜8月の期間中に18個発生し、1994年と並んで最も多い年となりました。

7月下旬には、偏西風の蛇行などの影響で、台風12号が東海に上陸し、その後、九州に抜けるという、統計史上初めて東から西に「逆行」した台風となり、話題となりました。

梅雨の特徴

今年の梅雨も特徴的でした。

奄美の梅雨入りは、精査の結果、速報値の5月7日が、のちに5月27日ごろに修正されました。

これは、1951年の統計開始以来、最も遅い梅雨入りとなりました。

関東の梅雨明けは、6月29日ごろと、最も早い梅雨明けになり、早くから猛暑に見舞われることとなりました。

おわりに

梅雨入り、梅雨明け、降水量、台風発生数、そして最高気温など、2108年の夏は、記録ずくめの夏になりました。

9月になっても、引き続き台風が発生したり、猛暑に見舞われたり、まだまだ気が抜けない日が続いています。

四季があることは、素晴らしいことですが、あまり激しい気候の変動は、人だけでなく、あらゆる生物や植物などにとっても、好ましいものではありません。

さて、2019年、そして、東京オリンピック・パラリンピックが開催される、2020年の夏は、いったいどんな夏になるのでしょうか?

【関連記事】

日本の最高気温ランキング 2018年版!2018年の夏はこんなに暑かった!

日本の最高気温ランキング 2018年版!2018年の夏はこんなに暑かった!
2018年の夏は、これまでにない猛暑が、世界中を襲いました。 日本でも、体温を超えるような猛暑日が数多くあり、連日のようにニュースになりました。 2018年....【続きを読む】

2100年未来の天気予報 の動画が話題に!日本の気候はどうなってしまうのか?

2100年未来の天気予報 の動画が話題に!日本の気候はどうなってしまうのか?
2018年の夏は、とんでもない猛暑となりました。 メディアでも、連日のように、「熱中症への厳重警戒」が呼びかけられていました。 「命にかかわる暑さ」という言....【続きを読む】

今回も、ご覧いただき、ありがとうございました。


コメント