ワードプレスにプラグインを導入しよう ⑤ J〜Tで始まるプラグイン

ワードプレスでブログを運営する上で、欠かせないのがプラグインです。

利用するテーマによって、必要なプラグインは変わってくると思います。

まずは、自分が利用しているテーマに、どこまでの機能があるのかを把握して、足りない機能をプラグインで補うことになります。

今回は、以下の記事の続きになります。

ワードプレスにプラグインを導入しよう ④ E〜Iで始まるプラグイン

ワードプレスにプラグインを導入しよう ④ E〜Iで始まるプラグイン
ワードプレスでブログを運営する上で、欠かせないのがプラグインです。利用するテーマによって、必要なプラグインは変わってくると思います。まずは、自分が利用しているテーマに、どこまでの機能があるのかを把握して、足りない機能をプラグインで補うことに
 

ABC順

機能別に分けようとも思いましたが、ワードプレスの管理画面では、プラグインはABC順に表示されます。

そのため、おそらくABC順の方が、わかりやすいと思いまので、ABC順に紹介することにしました。

利用しているテーマは、無料テーマの「Cocoon」です。

「Cocoon」は、無料のテーマとは思えないクオリティだと思います。

とりあえず、私が利用しているプラグインを紹介しますが、もちろん、不要なものはスルーで大丈夫です。

逆に、人によっては、足りないプラグインもあるかもしれません。

また、詳しい機能や設定方法までは紹介できないので、気になったプラグインは、そのプラグイン名で検索して、詳しい機能や初期設定を調べてみてください。

J

Jetpack by WordPress.com

「Jetpack by WordPress.com」というプラグインは、WordPressを利用する上で、便利な機能を多数パックにしたプラグインです。

それぞれ個別に利用しているプラグインがあれば、敢えて入れる必要はないと思います。

また、「Jetpack by WordPress.com」は、非常に重たいプラグインです。

どうしても、このプラグインでしか出来ない機能があるのであれば別ですが、他の個別プラグインや、使用中のテーマで代用できるのであれば、使わない方が快適かもしれません。

個人的には、推奨も非推奨もしませんが、Webにおいては、「軽い=正義」「重い=悪」です。

詳しくは、調べてみてください。

P

PS Auto Sitemap

「PS Auto Sitemap」というプラグインは、読者向けのサイトマップを自動生成してくれるプラグインです。

先に紹介した、「Google XML Sitemaps」とは、同じ機能の別プラグインではありませんので、どちらかを選ぶのではなく、両方とも必要です。

このプラグインは、読者がサイト全体の構成を一目で確認できる「サイトマップページ」を作成するためにのプラグインです。

ユーザービリティ向上のため、サイトマップはあったほうがいいですが、コンテンツを公開するたびにサイトマップを更新するのは大変です。

このプラグインを利用すれば、サイトマップを自動生成してくれるので便利です。

使い方は、調べてみてください。

S

Search Regex

「Search Regex」というプラグインは、過去に投稿した記事の内容(文字列)を、一括で置換することができるプラグインです。

このプラグインを利用すると、記事の内容や装飾など、指定した対象の文字列に一致するものを、一括して別の文字列に置換することができます。

「置換」とは置き換えるという意味です。

意外と便利なプラグインですが、使わないときは、全く使わないプラグインです。

とりあえず、こういう便利なものがあることだけは知っておくと、いざというときに、大いに時短になります。

Simple Page Ordering

「Simple Page Ordering」というプラグインは、管理画面の固定ページを、並び替えることができるプラグインです。

固定ページを作成すると、管理画面には作成した順番に並びます。

このプラグインを利用すると、ドラッグアンドドロップで、固定ページの並び替え機能が付加されるのですが、あくまで管理画面上の話ですので、不要といえば不要なプラグインです。

T

TinyMCE Advanced

「TinyMCE Advanced」というプラグインは、インストールするだけでビジュアルエディタを拡張できるプラグインです。

ワードプレスの、エディタ拡張プラグインは他にもありますが、このプラグインは、特にカスタマイズ性に優れています。

いつも使うボタンだけを簡単に並べておけるので、作業効率が上がります。

HTMLやタグの知識がない人でも、無料ブログのような感覚で、記事を作成できるようになります。

おそらく導入した方がいいプラグインだと思います。

気になった人は調べてみてください。

おわりに

今回は、「J」で始まるプラグインから「T」で始まるプラグインを紹介しました。

気になったプラグインがあったら、ぜひ調べてみましょう。

プラグインは、機能を理解して導入することが望ましいと思います。

逆に言うと、よく分からないものは入れないことです。

次回は、「W」で始まるプラグインから紹介していきます。


今回も、ご覧いただき、ありがとうございました。


コメント