ワードプレスにプラグインを導入しよう ④ E〜Iで始まるプラグイン

ワードプレスでブログを運営する上で、欠かせないのがプラグインです。

利用するテーマによって、必要なプラグインは変わってくると思います。

まずは、自分が利用しているテーマに、どこまでの機能があるのかを把握して、足りない機能をプラグインで補うことになります。

今回は、以下の記事の続きになります。

ワードプレスにプラグインを導入しよう ③ C〜Dで始まるプラグイン

ワードプレスにプラグインを導入しよう ③ C〜Dで始まるプラグイン
ワードプレスでブログを運営する上で、欠かせないのがプラグインです。 利用するテーマによって、必要なプラグインは変わってくると思います。 まずは、自分が利用し....【続きを読む】
 

ABC順

機能別に分けようとも思いましたが、ワードプレスの管理画面では、プラグインはABC順に表示されます。

そのため、おそらくABC順の方が、わかりやすいと思いまので、ABC順に紹介することにしました。

利用しているテーマは、無料テーマの「Cocoon」です。

「Cocoon」は、無料のテーマとは思えないクオリティだと思います。

とりあえず、私が利用しているプラグインを紹介しますが、もちろん、不要なものはスルーで大丈夫です。

逆に、人によっては、足りないプラグインもあるかもしれません。

また、詳しい機能や設定方法までは紹介できないので、気になったプラグインは、そのプラグイン名で検索して、詳しい機能や初期設定を調べてみてください。

E

Edit Author Slug

「Edit Author Slug」というプラグインは、投稿者アーカイブに表示される「Author Slug」を別の名前に変更できるプラグインです。

セキュリティ上の理由から、WordPressのユーザー名は、外部に分からないようにしておくことが望ましいです。

ユーザー名で自動生成される「Author Slug」の名前は、デフォルトの状態ではユーザー名が簡単に分かってしまいます。

このプラグインを使用することで「Author Slug」の名前を別の名前に変更し、ユーザー名を隠すことができるようになります。

使い方は、調べてみてください。

G

Google XML Sitemaps

「Google XML Sitemaps」というプラグインは、検索エンジンに対して、記事の公開・更新の度にサイトマップを自動生成してくれるプラグインです。

コンテンツをしっかり検索エンジンに認識してもらうためには、サイトマップは必須です。

しかし、記事の公開や更新に合わせて毎回、このサイトマップを手動で編集してアップロードするのは大変です。

このプラグインを使うと、サイトマップを自動生成してくれますので、必須のプラグインです。

「XML Sitemap & Google News」など、似たようなプラグインもいくつかありますが、「Google XML Sitemaps」でいいと思います。

ただし、後ほど紹介する「PS Auto Sitemap」とは、別物ですので、ここは、一緒にしないように注意しましょう。

使い方は、調べてみましょう。

I

Imagify

「Imagify」というプラグインは、画像を圧縮してくれるプラグインです。

画像圧縮プラグインは、無料で利用できるものの中でも、いいものが複数あります。

具体的には、「EWWW Image Optimizer」などが有名で、よく比較されます。

どちらを利用するのかは、お好みで決めていいと思います。

この2つの大きな違いは、

EWWW:元に戻せる可逆圧縮(ロスレス圧縮)
Imagify:元に戻せない不可逆圧縮(ロッシー圧縮)

です。

詳しくは、納得のいくまで調べてみてください。

ただし、画像の圧縮はやったほうがいいですので、何かしらのプラグインを利用しましょう。

Imsanity

「Imsanity」というプラグインは、画像をアップロードするときに、自動でリサイズしてくれるプラグインです。

このプラグインを利用すると、画像の最大幅を指定しておくことにより、設定値を上回った場合に縦横比を維持したまま、指定されたサイズに自動でリサイズしてくれます。

先に紹介した「Imagify」は画像の圧縮、「Imsanity」は画像のリサイズですので、同じようで違うプラグインですので、自分でリサイズしてもいいですが、面倒くさい人は利用してもいいと思います。

なかには、「Imagify」と「Imsanity」の両方の機能を持ったプラグインなどもあります。

画像の圧縮やリサイズに関しては、様々なプラグインがありますので、調べて納得のいくプラグインを導入してください。

IP Geo Block

「IP Geo Block」というプラグインは、指定したIPアドレスからのアクセスをブロックできるプラグインです。

高機能なセキュリティ対策の機能を、無料で利用できますが、時どき、自分自身がアクセスできなくなることもあります。

その場合は、プラグインを一時的に無効にすることで解決できます。

このプラグインは、国単位で、指定したIPアドレスからの不正アクセスをブロック(遮断)でき、アクセスを許可する対象は、国コードで指定できます。

先に紹介した、「Akismet Anti-Spam (アンチスパム)」と比較して、どちらかを利用することをおすすめします。

「Akismet」 は重く、「IP Geo Block」は軽いです。

いろいろ調べて、納得のいく方を利用しましょう。

また、どちらを選んでも、「Advanced noCaptcha & invisible Captcha」とは、機能的に重複はしません。

おわりに

今回は、「E」で始まるプラグインから「I」で始まるプラグインを紹介しました。

気になったプラグインがあったら、ぜひ調べてみましょう。

プラグインは、機能を理解して導入することが望ましいと思います。

逆に言うと、よく分からないものは入れないことです。

次回は、「J」で始まるプラグインから紹介していきます。


今回も、ご覧いただき、ありがとうございました。


コメント