ワードプレスにプラグインを導入しよう ③ C〜Dで始まるプラグイン

ワードプレスでブログを運営する上で、欠かせないのがプラグインです。

利用するテーマによって、必要なプラグインは変わってくると思います。

まずは、自分が利用しているテーマに、どこまでの機能があるのかを把握して、足りない機能をプラグインで補うことになります。

今回は、以下の記事の続きになります。

ワードプレスにプラグインを導入しよう ② A〜Bで始まるプラグイン

ワードプレスにプラグインを導入しよう ② A〜Bで始まるプラグイン
ワードプレスでブログを運営する上で、欠かせないのがプラグインです。 利用するテーマによって、必要なプラグインは変わってくると思います。 まずは、自分が利用し....【続きを読む】
 

ABC順

機能別に分けようとも思いましたが、ワードプレスの管理画面では、プラグインはABC順に表示されます。

そのため、おそらくABC順の方が、わかりやすいと思いまので、ABC順に紹介することにしました。

利用しているテーマは、無料テーマの「Cocoon」です。

「Cocoon」は、無料のテーマとは思えないクオリティだと思います。

とりあえず、私が利用しているプラグインを紹介しますが、もちろん、不要なものはスルーで大丈夫です。

逆に、人によっては、足りないプラグインもあるかもしれません。

また、詳しい機能や設定方法までは紹介できないので、気になったプラグインは、そのプラグイン名で検索して、詳しい機能や初期設定を調べてみてください。

C

Category Order and Taxonomy Terms Order

「Category Order and Taxonomy Terms Order」というプラグインは、カテゴリーの表示順を変更できるプラグインです。

通常、カテゴリーの表示順を変更することができませんが、このプラグインを利用すると、カテゴリーの表示順をドラッグ&ドロップで自由に変更できるようになります。

必須ではありませんが、記事のカテゴリーの順番を変更したい場合は、このプラグインは役に立ちます。

Classic Editor

「Classic Editor」というプラグインは、ワードプレスの使い慣れた、旧エディタを利用することができるプラグインです。

WordPress5.0にアップデートすると、エディタが「Gutenberg」に強制的に変更されました。

実際に使ってみると、かなり使いづらい。

これまでの使い慣れたエディタを利用したい人は、「Classic Editor」か、後述する「Disable Gutenberg」で、それが可能になります。

ただし、「Classic Editor」のサポートは2021年末までとなっています。(2021年に、サポートを継続すべきか再検討するようです。)

Contact Form 7

「Contact Form 7」というプラグインは、お問い合わせフォームを簡単に設置できるプラグインです。

基本的にお問い合わせフォームは、あったほうがいいと思いますので、導入したほうがいいプラグインのひとつです。

次に紹介する「Caldera フォーム」とあわせて調べてみてください。

また、ロボットによるスパムの投稿を防ぐために、お問い合わせフォームに、Googleの「reCAPTCHA」の導入も検討しましょう。

使い方は、検索して調べてみみてください。

Caldera Forms

「Caldera Forms」というプラグインは、お問い合わせフォームを設置できるプラグインです。

お問い合わせフォームというと、長年「Contact Form 7」が主流でしたが、最近では、「Caldera Forms – More Than Contact Forms」のほうが、おすすめかもしれません。

使い方は「Contact Form 7」よりも、少しだけ大変かもしれませんが、調べればできますので、頑張って調べてみてください。

もちろん、両方使う必要はなく、どちらか一方だけ、気に入ったほうを利用すれば大丈夫です。

D

Disable Gutenberg

「Disable Gutenberg」というプラグインは、ワードプレスの使い慣れた、旧エディタを利用することができるプラグインです。

基本的には、先に紹介した「Classic Editor」と同じです。

注意点としては、タイトルを入力してから保存しないと、次に開いたとき、その記事は「Gutenberg」エディタになってしまいます。

個人的には、サポートが終わるまでは、「Classic Editor」を利用することにしました。

Duplicate Post

「Duplicate Post」というプラグインは、記事や固定ページを複製することができるプラグインです。

このプラグインは、別になくてもいいプラグインです。

単純に記事や固定ページをコピペしても一緒です。

テンプレートのようなものを用意しておきたい場合や、必要なときだけ有効化してもいいかもしれません。

おわりに

今回は、「C」で始まるプラグインと「D」で始まるプラグインを紹介しました。

気になったプラグインがあったら、ぜひ調べてみましょう。

プラグインは、機能を理解して導入することが望ましいと思います。

逆に言うと、よく分からないものは入れないことです。

次回は、「E」で始まるプラグインから紹介していきます。


今回も、ご覧いただき、ありがとうございました。


コメント