つみたてNISA のメリットと iDeCo(確定拠出年金)との併用

「つみたてNISA」制度、利用していますか?

基本的には、運用を始めたら、放ったらかしでいいのが、「つみたてNISA」の魅力ですが、定期的にやってくる、世界的な株価の暴落が起きた場合には、思わぬ含み損を抱えることはよくあります。

しかし、「インデックスファンド」の運用による積立投資は、長期的にみれば、概ねプラスになると考えられています。

その根底には、資本主義における経済活動は、必ず右肩上がりで成長を続けるという前提に立っているからです。

 

つみたてNISAとは

個人投資家のための税制優遇制度としては、2014年1月にスタートした「NISA(ニーサ)」がありますが、2018年の1月より新たに「つみたてNISA」という、少額からの長期積立投資を支援するための、非課税制度が始まりました。

つみたてNISAとは、税制優遇を受けながら、少額からの積立投資ができる制度です。

「NISA」と「つみたてNISA」は、1年に1回、切り替えが可能ですので、すでに「NISA」を利用中の人でも、「つみたてNISA」に切り替えて利用することも可能です。

税制優遇制度

選ばれたファンドを「つみたてNISA」口座で運用すると、通常は、

値上がり益や配当に対してかかる 20.315%(所得税+住民税+復興特別所得税)の税金が非課税になります。

非課税期間

「つみたてNISA」で新規に投資できる期間は、

20年間(2018年〜2037年)で、非課税になる期間は、投資した年から最長20年間です。

最終年の2037年に投資した分は、2057年までは、非課税扱いということになります。

つまり、若い人ほど、積極的に利用したい制度です。

「NISA」、「つみたてNISA」、「iDeCo(確定拠出年金)」ともに、20歳から運用を始めることができます。

非課税枠

「NISA」の年間最大投資上限額は120万円で、非課税期間は、最長5年間です。

一方、

「つみたてNISA」の、年間最大投資上限額は40万円ですので、20年間フルに非課税枠を使った場合、20年間の最大累積投資額は、800万円になります。

しかしながら、800万円+運用益だけでは、老後の資産としては心もとないので、「iDeCo(確定拠出年金)」や特定口座などと併用して運用する必要があるかもしれません。

それでも、少額から始めたい投資初心者にとって、「つみたてNISA」は、とてもありがたい制度です。

「つみたてNISA」の「iDeCo(確定拠出年金)」との大きな違いは、資産の解約や売却、引き出しは、いつでも自由にできることです。

これは、60歳以前に、何らかの理由で、現金が必要になったときには助かります。

 

iDeCo とは

個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」とは、自分で作る年金制度のことです。
加入者が毎月一定の金額を積み立て、あらかじめ用意された定期預金・保険・投資信託といった金融商品で自ら運用し、60歳以降に年金または一時金で受け取ります。
基本的には60歳になるまで、引き出すことはできません。

「つみたてNISA」が、資産の売却や引き出しが、自由にできるのに対して、

「iDeCo」は、確定拠出年金ですので、原則60歳まで資金を引き出すことができません。

そのかわり、

「掛金が全額所得控除される」という大きな税制上のメリットがあります。
申告を行うことで、所得税や住民税が安くなります。

運用益が非課税というのは、「NISA」や「つみたてNISA」と一緒です。

また、60歳以降に資金を受け取るときにも、税制優遇措置があります。

つみたてNISA と iDeCo の併用

確定拠出年金の「iDeCo」と「NISA」、もしくは「つみたてNISA」は、併用が可能です。

しかし、「NISA」と「つみたてNISA」の併用はできませんので、どちらかを選ばなくてはいけません。

また、「NISA」と「つみたてNISA」は、1年に1回、切り替えが可能です。

 

「iDeCo」の拠出限度額は、公的年金や企業年金の加入状況によって変わってきますが、たとえば、企業年金に加入していないサラリーマンや専業主婦の場合、年額で27.6万円(月額2.3万円)です。

企業年金に加入していないサラリーマンが、

「つみたてNISA」と「iDeCo」を使って非課税で運用できる合計拠出限度額は、

年額で 40万円 + 27.6万円 = 67.9万円(月額5.65万円

ということになり、それを超える金額は、特定口座など、非課税にはならない口座で運用することになります。

まずは、この、拠出限度額をフルに使い切るのが、税制的には最もお得です。

 

私も「つみたてNISA」と「iDeCo(確定拠出年金)」を併用して運用しています。

年末が近づくと、「生命保険控除証明書」と同様に、「小規模企業共済等掛金控除証明書」が郵送されてきますので、年末調整や確定申告の際に、忘れずに控除申請を行いましょう。

また、国民年金保険料に未納や滞納がある人は、「iDeCo」の審査が通らない場合がありますので、注意が必要です。

 

インデックスファンド とは

「つみたてNISA」では、主に「インデックスファンド」に投資をします。

「インデックスファンド」とは、「日経平均株価」や「ダウ平均株価」などの、株式指標(インデックス)と同じような値動きをするように作られた「投資信託」の1つです。

「インデックスファンド」は、「アクティブファンド」に対して、「パッシブファンド」とも呼ばれます。

・市場の平均値での運用を目指すのが「パッシブファンド」
・市場の平均値を上回わる運用を目指すのが「アクティブファンド」

 

なんとなく、プロのファンドマネージャーが運用する「アクティブファンド」のほうが、成績が良さそうですが、実際には、「インデックスファンド」のほうが圧倒的によい運用実績を上げているということが、世界的に明らかになっています。

つまり、

個人投資家にとっては、わざわざ手数料の高い「アクティブファンド」を買うよりも、ただ「インデックスファンド」を買って、じっくりと待っている方が、はるかに良い成績を生む

ということです。

おわりに

20年間という制度の非課税期間を考えると、「つみたてNISA」を始めるなら、早いほうがいいと思います。

もちろん、株価下落のリスクはありますが、

そもそも、下落の可能性があるからこそ、積み立てのインデックス投資を行う意味がある

と言えます。

もしも、上昇すると分かっているのなら、「借金」してでも、その場で一括で購入した方が、遥かに利益が見込めます。

この「借金」は、プロのファンドマネージャーが運用する、一般の投資家からの投資に相当します。

しかし、そんなことは、不可能だと気がつくべきです。

実際には、

世界的にも、「インデックスファンド」のほうが、「アクティブファンド」よりも圧倒的に良い運用実績を上げている

というのが事実なのです。

【関連記事】

インデックス投資 の始め方は この2冊の本を読めば だいたい分かる!

インデックス投資 の始め方は この2冊の本を読めば だいたい分かる!
インデックス投資については、1〜2冊、書籍を買って読んでみると、だいたい理解することができます。 インデックス投資に関する有名な書籍の一つに バートン・マルキール....【続きを読む】

今回も、ご覧いただき、ありがとうございました。


コメント