世界で最も住みやすい都市 2018年 ランキング発表! 日本の都市は何位?


「世界で最も住みやすい都市ランキング」2018年度版の、ランキングが発表されました。

発表したのは、英誌エコノミストの調査部門「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット」。通称 EIU です。

果たして1位は、どこの都市だったのでしょうか?

そして、日本の都市は、ランクインしたのでしょうか?

 

世界で最も住みやすい都市 ランキング1位は?

「世界で最も住みやすい都市ランキング」2018年度版で、みごとランキング1位となったのは、オーストリアの首都ウィーンでした!

前年まで7年連続で首位だった、オーストラリアのメルボルンは、今年は2位に転落してしいました。

オーストリアとオーストラリア、って1文字違で、なんとなくややこしいですね。

 

オーストラリアからは、他にもシドニーアデレードの2都市が、今年のトップ10に入りました。

また、カナダからも、トップ10に3都市がランクインしました。

オーストラリアとカナダって、どれだけ住みやすいんだ?

って感じですね。

EIUが、毎年発表している国際調査で、ウィーンが1位となるのは、今回が初めてのことだそうです。

ランキングは、世界140都市について、政治的安定性、社会的安定性、犯罪、教育、健康医療制度の利用しやすさなどの項目を評価して決定されます。

それでは、日本の都市は、何位にランクインしたのでしょうか?

その前に…

住みにくさ ランキング

世界で最も住みやすい都市とは、反対の「住みにくさ」ランキングも発表されましたので、紹介します。

戦争で荒廃しているシリアのダマスカスが、最も住みにくい都市としてランクされました。

そして、バングラデシュのダッカナイジェリアのラゴスも、ダマスカスとは、僅差の住みにくさとなっています。

犯罪、市民の不安、テロリズムもしくは戦争が、「住みにくさ」ランキングの下位10都市で「強い役割」を果たしたと思われます。

そりゃそうですよね。

世界で最も住みやすい都市ベスト10

1位 ウィーン(オーストリア)

2位 メルボルン(オーストラリア)

3位 大阪(日本)

4位 カルガリー(カナダ)

5位 シドニー(オーストラリア)

6位 バンクーバー(カナダ)

7位 東京(日本)

8位 トロント(カナダ)

9位 コペンハーゲン(デンマーク)

10位 アデレード(オーストラリア)

 

世界で最も住みにくい都市ワースト10

1位 ダマスカス(シリア)

2位 ダッカ(バングラデシュ)

3位 ラゴス(ナイジェリア)

4位 カラチ(パキスタン)

5位 ポートモレスビー(パプアニューギニア)

6位 ハラレ(ジンバブエ)

7位 トリポリ(リビア)

8位 ドゥアラ(カメルーン)

9位 アルジェ(アルジェリア)

10位 ダカール(セネガル)

おわりに

「世界も住みやすい都市ベスト10」にランクインした日本の都市は、

3位 大阪(日本)

7位 東京(日本)

という、2都市がランクインするという結果になりました。

やはり大都市のほうが、住みやすいと言うことですね!

今回のランキングは、

オーストラリアから3都市

カナダから3都市

日本から2都市

と、3つの国から8つの都市がランクインするという、かなり偏ったベスト10になっています。

なんだかんだ言っても、

私たちが住む日本という国は、住みやすい国であることは間違いないようです。

あなたが、最も住みやすいと思う都市は、どこですか?

【関連記事】

世界で最も魅力的な都市 ランキング 2018 日本から3都市がランクイン!(大都市)

世界で最も魅力的な都市 ランキング 2018 日本から3都市がランクイン!【大都市】
「世界で最も魅力的な都市(Best Cities in the World) 」ランキング2018の大都市の部(The Big Cities)で、東京が3年連続で首位と....【続きを読む】

今回も、ご覧いただき、ありがとうございました。


コメント