MAMAMOO 日本デビュー!デビューシングルとSNS公式アカウントを紹介【超おすすめ!】

韓国で10代、20代の同世代の女性を中心に、圧倒的人気の女性4人組グルー「MAMAMOO(ママム)」が、ついに日本でもデビューします。

「MAMAMOO」は、韓国では、2014年にミニアルバム『Hello』でデビューしていますが、10月3日に日本デビューシングル「 Décalcomanie – Japanese ver. –」が、ビクターエンタテインメントよりリリースされ、日本デビューします。

デビューシングルの発売を記念して、メンバーが出演する発売イベントと、プレミアムサイン会が開催されることも決定しています。

そして、10月5日・7日・9日と、大阪・東京・名古屋の全国3カ所での、コンサートツアーの開催も決定しています。

今回は、「MAMAMOO」について紹介していきます。

また、デビューCDの初回限定盤特典やイベント、ライブ情報については、別ページにまとめています。

MAMAMOO 日本デビュー記念イベント・プレミアムサイン会・コンサートツアー情報

MAMAMOO 日本デビュー記念イベント・プレミアムサイン会・コンサートツアー情報
韓国で圧倒的人気の女性4人組グループ「MAMAMOO(ママム)」が、ついに日本でもデビューします。 日本デビューシングル「 Décalcomanie - Japa....【続きを読む】
 

MAMAMOO(ママム)

まずは、こちらから、メンバーからのメセージと、4人の奏でる美しい生のハーモニーをお聴き下さい。

Décalcomanie –Japanese ver.- Photo Session Movie

実力派K-POPガールズグループ「MAMAMOO」は、2014年に韓国でデビューを果たして以来、数々の表彰や、複数の韓国人気音楽番組チャート、主要音楽配信チャートで、常に1位を獲得する圧倒的な実力と人気を誇っているガールズユニットです。

2018年は、韓国企業評判研究所が発表する「ブランド評判ランキング」では、メンバーのファサが1位を獲得し、韓国の音楽ストリーミングサービス・SORIBADAが主催する音楽授賞式「2018 SORIBADA BEST K-MUSIC AWARDS」でも、女性アーティスト人気賞と本賞を受賞しました。

メンバーは、

・ソラ(Solar)
・ムンビョル(Moon Byul)
・フィイン(Whee In)
・ファサ(Hwa Sa)

の4人です。

 

グループ名についてですが、

「Mamamoo」という名前は、元々はプロデューサーのキム・ドフンが作曲した楽曲のタイトルであったが、メンバーたちがある機会にその曲を歌った際、良い名前だということでグループ名として使うこととなった。

メンバーたちは「赤ん坊が最初に覚える『ママ』という言葉のように、原初的で本能的な音楽を歌う」という意味を込めている。

出典:ウィキペディア

 

世界中の赤ん坊が、いちばん初めに覚える「ママ (MAMA)」のように、全世界の全ての人たちに親しまれる音楽を披露したい!という思が、ママム(MAMAMOO)というグループ名には、込められているようです。

その思いを実現すべく、日本デビュー発表と同時に、台湾、香港、南米へもコンサート進出を行っています。

 

日本デビューシングル

MAMAMOO(ママム)の日本デビューシングル「Décalcomanie -Japanese ver.-」は、韓国で人気の出るきっかけとなった名曲「Décalcomanie」のジャパニーズバージョンです。

この曲が、記念すべき初の日本語歌唱曲となります。

・タイトル:「Décalcomanie –Japanese ver.-」

・発売日:2018年10日3日(水)発売


・収録曲(各形態共通)

 M1. Décalcomanie –Japanese ver.-
 M2. You Don’t Know Me

*日本デビューシングル「Décalcomanie –Japanese ver.-」は10月3日より主要ダウンロードサイト、サブスクリプションサービスでも配信予定
마마무(MAMAMOO) 데칼코마니(Decalcomanie) 일본어 버전(Japanese Ver)

出典:Youtube.com

カップリングには、日本シングル向けに新たに制作された新曲「You Don’t Know Me」が収録されています。

こちらの曲も、グループの実力を感じられる一曲となっています。

[AUDIO] 180913 MAMAMOO – You Don't Know Me (ZIP FM)

出典:Youtube.com

 

 

「Décalcomanie 」のオリジナルは、YouTubeで既に、2,500万回以上視聴されている「MAMAMOO」の代表曲です。

[MAMAMOO] '데칼코마니'(Decalcomanie) 안무 영상

出典:Youtube.com

この曲、本当に好きです!

Mamamoo 公式アカウント

「MAMAMOO」の各種公式アカウントや公式ページは、以下のとおりです。

Twitter

「MAMAMOO」のTwitterの公式アカウントはこちらです。

Twitter:https://twitter.com/mamamoo_japan

Instagram

「MAMAMOO」のInstagramの公式アカウントはこちらです。

Instagram:https://www.instagram.com/mamamoo_official/

MAMAMOO (@mamamoo_official) • Instagram photos and videos
793k Followers, 1 Following, 632 Posts - See Instagram photos and videos from MAMAMOO (@mamamoo_official)

ユーチューブチャンネル

「MAMAMOO」のユーチューブチャンネルはこちらです。

ユーチューブチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCuhAUMLzJxlP1W7mEk0_6lA

MAMAMOO
MAMAMOO(마마무) OFFICIAL CHANNEL

公式サイト

「MAMAMOO」の公式サイトはこちらです。

公式サイト:https://mamamoo.jp/

MAMAMOO JAPAN OFFICIAL FANCLUB「MOOMOO JAPAN」
MAMAMOO JAPAN OFFICIAL FANCLUB「MOOMOO JAPAN」

韓国での MAMAMOO

韓国メディアの記者は、「MAMAMOO」について、次のように話しています。

2014年に『Mr.曖昧模糊』で韓国国内でデビューすると、2017年の単独コンサートチケットを、1分で1万席完売したという逸話があるほどの人気です。

魅力は、レトロな音楽に合わせた歌唱力で、これまでの韓国グループと比べてもずばぬけています。

韓国では音楽番組チャート1位の常連。

韓国でトップになったら、日本デビューの声がかかる流れがあります。

今回は、順当だと思います。

日本でも、昨年開催された単独ライブのチケットが完売するなど、人気も上々です。

 

昨年、日本デビューした「TWICE」は、圧倒的な歌唱力とパフォーマンスで女子中高生を中心に大ブレーク。

“TTポーズ”(顔の前で両手の親指と人さし指で矢印を作った泣き顔ポーズ)を真似る人が続出し、一世を風靡した。

「MAMAMOO」は、日本で「TWICE」の人気にどこまで迫ることができるのか。

大人気の「TWICE」は、歌唱力とパフォーマンスで勝負していますが、彼女たちは歌唱力一本。

同世代の若い人はもちろん、年齢を問わず耳の肥えたファンも多く、女性ファンが多いのも特徴です。

しかし、韓国での人気と日本国内の人気は連動します。

「TWICE」は「MAMAMOO」より、以前の「少女時代」のように韓国内で断トツの人気です。

「MAMAMOO」は、日本でも人気が出ると思いますが、「TWICE」には及ばないと思います。

 

韓国メディアの記者は、このように言っていますが、第2次韓流ブームの時の「少女時代」VS「KARA」の例もあります。

韓国国内では、「少女時代」の方が圧倒的に人気でしたが、お尻を回すヒップダンスと、可愛らしいルックスがうけ、日本では「KARA」の方が人気者になりました。

「Twice」VS「MAMAMOO」でも、逆転現象が起こらないとも言い切れません。

歌唱力で言えば、「MAMAMOO」に歩があると思いますが、日本での人気は、それだけでは決まらないとところがありますので、なんとも言えませんが、少なくとも純粋な音楽ファンにとっては、「MAMAMOO」の登場は嬉しいことです。

おわりに

[MV] 마마무(MAMAMOO) – 너나 해(Egotistic)

こちらは、2018年7月に発表された「Egotistic」という曲です。

韓国のガールズグループというと、とかく、パフォーマンスや容姿が話題になりがちですが、「MAMAMOO」に関しては、音楽性や歌唱力、ハーモニーが素晴らしです。

「Twice」や「IZONE」のように、グループ内に日本人メンバーがいるわけではないので、敢えて日本語で歌わなくてもいいのでは?と、個人的には思ってしまいますが、それも、日本で売るためには必要なのことなのでしょう。

欧米でも売れるのではないかと思える「MAMAMOO」。

とにかく、おすすめです!

 

イベントやコンサート情報は、こちらから。
MAMAMOO 日本デビュー記念イベント・プレミアムサイン会・コンサートツアー情報

MAMAMOO 日本デビュー記念イベント・プレミアムサイン会・コンサートツアー情報
韓国で圧倒的人気の女性4人組グループ「MAMAMOO(ママム)」が、ついに日本でもデビューします。 日本デビューシングル「 Décalcomanie - Japa....【続きを読む】

関連記事

MAMAMOO メンバーの4人の声を聞き分ける方法【プロフィール】

MAMAMOO メンバーの4人の声を聞き分ける方法【プロフィール】
TWICE、BLACPINK、BTSなど、K-POPは日本でも人気ですね。 最近は、「第3次韓流ブーム」がおきているといえるでしょう。 そんななか、実力派の....【続きを読む】

少女時代が復活?少女時代-Oh!GG 「Lil’ Touch」が世界各国で1位を記録!【帰ってきたK-POPクイーン!】

少女時代が復活?少女時代-Oh!GG 「Lil' Touch」が世界各国で1位を記録!【帰ってきたK-POPクイーン!】
少女時代が復活? 正確には、テヨン、サニー、ヒョヨン、ユリ、ユナの5人による新ユニット「少女時代-Oh!GG」が結成されました。 「少女時代-Oh!GG」は....【続きを読む】

ガールズクラッシュ!BLACKPINK 日本でも雑誌の表紙に続々登場!

ガールズクラッシュ!BLACKPINK 日本でも雑誌の表紙に続々登場!
「ガールズクラッシュ(girls crush)」という言葉をご存知ですか? ダンスチームの「ガールクラッシュ(Girls Crush)」や、「ガールズクラッシュ(....【続きを読む】

今回も、ご覧いただき、ありがとうございました。


コメント