マー活? ヒーハー女子? 激辛ブーム再来!パクチーを超える次のブームはこれ!

「マー活」という言葉をご存知でしょうか?

猛暑だったことが原因かどうかは定かではありませんが、2018年の夏は、例年にも増して、激辛商品が盛り上がりました。

TV番組で、激辛フードコーナーが放送されたり、コンビニへ行けば、辛商品がたくさん並べられるようになりました。

「マー活」とは、激辛ブームのことなのでしょうか?

しかし、なぜ「マー活」というのでしょうか?

 

激辛ブーム

2018年の激辛ブームにともない、湖池屋のポテトチップス「カラムーチョ」に、再び人気に火が付き、前年よりも、売り上げが2割以上伸びているといいます。

また、人気ラーメン店・蒙古タンメン中本の、北極ラーメンのカップ麺が品薄となっているほか、同店監修の冷凍食品『蒙古タンメン中本 汁なし麻辛麺(マーシンメン)』も、辛い物好きから注目されています。

そして、辛い物を求める「ヒーハー女子」という言葉が生まれたり、グルメ雑誌では、「麻婆豆腐」や「タンタンメン」特集も頻繁に展開されています。

 

激辛ブームは、以前にもがありました。

たとえば、2004年頃には、ハバネロおよび激辛調味料の登場で、激辛ブームが巻き起こりました。

その当時は、唐辛子の「ヒリヒリするような辛さ」が好まれました。

一方で、今回の激辛ブームでは、激辛とは言いつつも、辛さと同様に「旨味」が強調されています。

2018年の激辛ブームでは、「舌がしびれる」辛さが話題になっています。

マー活 とは?

そんな激辛ブームの中でも、盛り上がりを見せているのが、舌がしびれる辛さを求める「マー活」というムーブメントです。

「マー活」の「マー」とは、「麻辣(マーラー)」の「マー」のことです。

麻辣とは、中華料理の味付けで使われる言葉で、「麻辣味(マーラーあじ)」などと呼ばれます。

麻辣味(まーらーあじ、マーラーウェイ)は花椒(かしょう、ホアジャオ、中華山椒)と唐辛子による中華料理の味付け。

唐辛子の舌がヒリヒリするような辛さである「辣味」(らつみ、ラーウェイ)と、花椒の舌が痺れるような辛さである「麻味」(まみ、マーウェイ)の二種類の異なった「辛さ」により構成される。

出典:ウィキペディア

この2つの辛さを使った「麻辣味」は、中国の四川料理の代表的な味付けです。

かつては、一部の飲食店でしか食べることが出来ない味でした。

最近では、SNS上でも「#マー活」というハッシュタグで、食べ歩き写真を投稿する流れもできています。

ハッシュタグ #マー活
@famima_nowさんの10月16日のツイートです。花椒の香り広がるしびれる辛さを楽しめちゃう中華まん【四川風麻婆豆腐まん】が新登場.. - みんなのコメントを見て会話に参加してみましょう。

メディアやネットの反応

テレビや新聞などでも「マー活」は取り上げられています。

また、ツイッターなどでも「#マー活」で検索すると、いろいろな情報が出てくると思います。

おわりに

あなたは、辛いものや激辛料理が好きですか?

私は、大好きです。

しかし、大好きだからといって、実際に食べるかというと、残念ながらあまり食べません。

というか、食べられません。

食べているときはいいのですが、食べた後が大変なのです。

激辛を食べても、全然平気な胃腸を持っている方は羨ましいです。

しかし、「ヒーハー女子」という言葉もあるように、女性の方が辛さに強いようですね。

あ〜、辛いもの食べたい!


今回も、ご覧いただき、ありがとうございました。


コメント