仮想通貨取引所 Liquid by Quoine 既存ユーサー向けキャンペーンへの参加をお忘れなく!【2018年11月】

グローバルフィンテック企業 「QUOINE(コイン)株式会社」は、KPMGが、2018年10月23日に発表した「2018 Fintech(フィンテック)100」レポートで、日本国内ではトップのランキングに選出されました。

「Fintech(フィンテック)100」に選ばれる企業は、金融サービス業界において、最も有利にテクノロジーを活用し、既成概念を変革している企業です。

これらの企業は、卓越性と優れた顧客体験を約束し、ある分野について、市場においてどこよりも優れた業績を上げています。

 

Fintech(フィンテック)100 とは

「Fintech(フィンテック)」とは、「Finance(金融)」と「Technology(技術)」を組み合わせた「ファイナンス・テクノロジー」を略した造語です。

ICTを駆使した革新的(innovative)、あるいは破壊的(disruptive)な金融商品・サービスの潮流などの意味で使用されています。

既存の金融機関が持つ、総合的な金融サービスのうち、顧客が必要とする一部の機能のみに特化することで、低コストでサービスを受けることが可能となります。

 

「 Fintech(フィンテック)100」とは、世界中の実績あるフィンテック企業50社、および大胆で既成概念を覆し、状況を一変させる可能性のあるアイディアを持つ最も興味をかきたてる「emerging stars(注目の新興企業)」50社で構成されています。

審査パネルには、「H2 Ventures」、「KPMG」、フィンテックを仲介するオンラインプラットフォームの「Matchi」が加わり、最終的な「Fintech(フィンテック)100」リストの構成企業を決定しました。

QUOINE(コイン)とは

「QUOINE(コイン)」は、ブロックチェーンテクノロジーを基盤とした、次世代の金融サービスを提供するグローバルフィンテック企業です。

安心安全なセキュリティだけでなく、高い流動性を兼ね備えた仮想通貨取引プラットフォーム「Liquid by Quoine(リキッド)」の開発・運営や、QASH(キャッシュ)トークンの発行など、独自のサービスを提供しています。

2017年9月に、金融庁(関東財務局)より仮想通貨交換事業者として、第一号登録(登録番号:関東財務局長第00002号)を受けています。

 

「Liquid by Quoine(リキッド)」は、セキュリティに対する意識の高さからか、利用者にとっては、注意が必要な面もあります。

具体的には、二段階承認のバックアップを取り忘れると、自力で再設定できないということです。

詳しくは、別の記事にまとめていますので、参考にしてみてください。

Liquid by Quoine (旧 QUOINEX)二段階認証 解除方法

Liquid by Quoine (旧 QUOINEX)二段階認証 解除方法
前回は、二段階認証アプリ「Google Authenticator」 のバックアップについて紹介しました。 二段階認証アプリ Google Authenticat....【続きを読む】

国内トップのQUOINE(コイン)

QUOINE(コイン)株式会社は、KPMGが2018年10月23日に発表された 2018 Fintec(フィンテック)100レポートで29位に選出されました。

2018 Fintec(フィンテック)100レポートは、2014年から年に一度、2018 Fintec(フィンテック)100レポートは、KPMGフィンテックとH2ベンチャーズが共同で発行しており、今年で第5版となります。

レポートでは、金融サービス業界に変革をもたらしている世界中のフィンテック企業の中から、イノベーション、資金調達活動、規模をもとに、主要50社を「革新的なテクノロジーの最先端におり、新しいビジネスモデルを追及している新興企業50社」として選出しています。

今回、選出された100社のうち、日本からは2社のみが選出されており、「QUOINE(コイン)」は、日本国内ではトップのランキングを獲得しました。

 

CEOのコメント

今回のランクインに関して、「QUOINE(コイン)」代表取締役CEO 栢森 加里矢氏は、以下のように述べています。

今回、KPMGの2018 Fintech 100に選出されたことを、大変光栄に思います。
仮想通貨市場に点在する『流動性』を束ね、より大きな『流動性』を提供する仮想通貨取引プラットフォーム”Liquid”のビジネスモデルの革新性、グローバル展開する地理的な多様性、金融庁から認可を受けた最初のグローバルな仮想通貨取引所という将来性などを評価していただいたと自負しております。
QUOINEは、仮想通貨とブロックチェーンテクノロジーが、金融サービスの未来を作ると信じています。
私たちは今後、世界中の仮想通貨コミュニティを媒介する役割を果たすと同時に、お客様にとって必要なサービスが、オールインワンで全て受けられる金融プラットフォームとなることを目指します。
これからも私たちは、世界の全ての人々に金融サービスを届けるために、挑戦を続けていきます。

QASH(キャッシュ)

仮想通貨取引所「Liquid by Quoine」では、「QASH(キャッシュ)」というトークン(仮想通貨)を発行しています。

「QASH(キャッシュ)」とは、「Liquid by Quoine」で利用可能な「トークン」と総称される一種の仮想通貨で、ユーザーは、「QASH(キャッシュ)」を利用することで、取引手数料の割引やレンディングによる利息収入を得ることが可能となります。

 

「QASH(キャッシュ)」は、2017年11月6日〜9日の日程で行われた ICOで発売されました。

ICO(Initial coin offering・イニシャル・コイン・オファリング)とは、コイン(デジタルトークン・暗号通貨)の発行による資金調達・クラウドファンディングのことです。

3日間という超短期間のICOだったにも関わらず、予定していた3.5億QASHを完売し、およそ112億円を調達した日本最大級のICOとなりました。

 

「QASH(キャッシュ)」のICOが異例だったのは、調達額だけではありませんでした。

それは、金融庁の認可を受けた仮想通貨取引所が、日本の法律を遵守して実施した世界初のICOとなったということです。

既存ユーサー向けキャンペーン

仮想通貨取引所「Liquid by Quoine」は、仮想通貨取引において課題となる、流動性の欠如の解決を目的として開発されたプラットフォームです。

従来、ビットコインをはじめとする仮想通貨の購入は、日本円やドルなどで別の取引注文として取り扱われていましたが、「Liquid by Quoine」では、すべての通貨ペアを単一のオーダーブックにまとめることによって、流動性の欠如を解決する仕組みです。

 

QUOINE株式会社は、10月19日、既存ユーザー対象として、最大2万円相当のQASHキャッシュバックキャンペーンを開始しました。(新規ユーザーは最大23,000円)

キャンペーン期間は、10月19日から11月16日までです。

今回、発表されたキャンペーンでは、すでに「QUOINEX」および「Liquid by Quoine」に口座開設を完了しているたユーザーを対象として、日本円で5万円以上の入金したユーザーに対して400QASH(10,000円相当)、日本円換算で、合計50万円以上の仮想通貨の売買したユーザーに対して400QASH(10,000円相当)がプレゼントされます。

 

① 口座開設(新規のみ)
 → 120QASH(3,000円相当)

② 日本円で5万円以上の入金

 → 400QASH(10,000円相当)

③ 日本円換算で50万円以上の仮想通貨の売買

 → 400QASH(10,000円相当)

※ ①は新規ユーザーのみ
※ ②③は、既存ユーザーも可
※ 1QASH = 25円で換算されています
※ QASHトークンの付与は、12月下旬に予定
※ 法人口座のユーザーは、キャンペーン適用外

おわりに

仮想通貨取引所では、定期的にキャッシュバックキャンペーンが実施されますが、そのほとんどが、新規ユーザーを対象としたものであることが多いです。

そんななか、既存ユーザーを対象に行う今回のキャンペーンは珍しく、既に「Liquid by Quoine」を利用しているユーザーにとっては嬉しいいですね。

少なくとも5万円の入金だけは、忘れずにしておきたいところです。

私も入金しましたが、セキュリティが高いが故に、クイック入金でも、すこしだけ手間がかかりました

しかも、支払いが完了してから、入金が反映されるまでに1時間程度、時間がかかりますので、ギリギリではなく、余裕をもって入金することをおすすめします。


今回も、ご覧いただき、ありがとうございました。


コメント