iPhone XR は iPhone 8 plus 以前のユーザーにとっては 魅力的なモデルだと思う!

毎年恒例となっている「Appleの新製品発表イベント」が、今年(2018年)も開催されました。

今回のイベントでは、新型の iPhone 3機種 「Phone XS(テンエス)」、「iPhone XS Max(テンエス マックス)」、「iPhone XR(テンアール)」が発表されました。

今回の記事では、この中で、もっとも注目されそうな「iPhone XR」について紹介していきます。

そして、「iPhone 8 (plus)」もしくは、「iPhone 7(plus)」ユーザーからの乗り換えが想定されますので、「iPhone 8 plus」との比較もしてみます。

ハイグレード機種である「iPhone XS」と「iPhone XS Max」については、この記事では紹介していませんので、ご注意下さい。

また、時間のない方は、目次より、最後の「おわりに(iPhone XR のまとめ)」をご覧ください。

 

iPhone XR はこんな機種

iPhone XR(テンアール)」は、2018年9月に発表された、新型の iPhone です。

「iPhone XR」は、2018年に発表された3つの機種の中では、最も安い機種となっています。

そのため、いわゆる「普及価格モデル(廉価モデル)」などと、メディアなどでは報じられていますが、SNSなどを見ると、「廉価版なのに高すぎる…」といった声も多くあります。

「iPhone XR」は「廉価版」というよりは「通常機種」、そして「iPhone XS」と「iPhoneXS Max 」が「ハイグレード機種」という感じですね。

外観・素材・サイズ

「iPhone XR」の素材は、「iPhone 8」と同質のアルミ素材ですが、外観は「iPhone X」を踏襲し、全画面ディスプレイタイプとなっています。

本体のサイズは、

・幅 … 150.9mm
・奥行き … 75.7mm
・高さ … 8.3mm
・重さ … 194g

となっており、画面は、6.1インチ(1792×828ピクセル、326ppi)の「Liquid Retina HDディスプレイ」と呼ばれる「IPS液晶」を搭載します。

今回の新型 iPhone の3機種の中では、サイズ的には、中間に位置する大きさとなっています。

装備・スペック

心臓部となるSoCには、最新の7nmプロセスルールの「A12 Bionic」が採用され、Face ID対応ワイヤレス充電、よりワイドになったステレオスピーカーの搭載など、装備面では、ほぼ「iPhone XS」シリーズを踏襲しています。

防水性能は、「iPhone X」と同じ「IP67」となります。

バッテリーのもちについては、「iPhone 8 Plus」から1時間半アップとなっています。

「iPhone XR」では、「iPhone 6s」や「iPhone 6s Plus」以降で採用している、感圧タッチ機能「3D Touch」が除かれています。

「3D Touch」を、便利に使いこなしているユーザーにとっては、悩ましいポイントとなりそうでが、あまり使っていないユーザーにとっては、それほど影響がないと思います。

カメラ・レンズ

搭載されるカメラレンズですが、フロントカメラは、「Face ID」対応の 「TrueDepth」となりました。

また、背面カメラは、「iPhone 8」とほぼ同じ構成の12メガピクセル・単焦点レンズを採用し、デュアルレンズの「iPhone XS」シリーズとは違い、シングルレンズになっています。

iPhone XR と iPhone 8 plus の大きさ比較

「iPhone 8 plus」と「iPhone XR」の大きさを画像で比較すると、こんな感じになります。

 

 

「iPhone XR」の端末サイズは、「iPhone 8 plus」より小さいですが、画面は大きくなっています。

これは、「iPhone 8 plus」や「iPhone 7 plus」を利用している人にとっては、非常に嬉しいことです。

 

「iPhone XR」では、ホームボタンがなくなり、指紋認証から顔認証になっていることや、背面カメラがシングルレンズになっていることなどに抵抗がなければ、「iPhone 8 plus」や「iPhone 7 plus」からの買い替えは、とてもオススメだと思います。

 

iPhone XR の価格

「iPhone XR」の価格は、「普及価格モデル(廉価モデル)」などいわれますが、最も安い64GBモデルでも84,800円からとなっています。

「iPhone XR」は、「iPhone X」の外観を踏襲していますが、サイズと価格的には「iPhone 8 Plus」に近いモデルですので、「iPhone 8 Plus」の価格と比較してみます。

「iPhone XR」の容量は 3モデルで、128GBモデルが選べるようになりました。

iPhone XR の価格(税別)

・64GBモデル … 84,800円
・128GBモデル … 90,800円
・256GBモデル … 101,800円

iPhone 8 Plus の価格(税別)

・64GBモデル … 89,800円
・256GBモデル … 106,800円

「iPhone XR」と「iPhone 8 Plus」の価格を比較すると、若干の違いはありますが、ほぼ同じ価格設定ですが、若干、安くなっています。

 

ただし、今回の新機種の発表を受けて、「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」は、それぞれ11,000円ずつ値下げされています。

iPhone 8 の新価格(税別)

・64GBモデル…67,800円
・256GBモデル…84,800円

iPhone 8 Plus の新価格(税別)

・64GBモデル…78,800円
・256GBモデル…95,800円

iPhone XR の発売日・予約開始日

「iPhone XR」の発売は、2018年10月26日、予約開始は10月19日からとなっています。

「iPhone XR」
・予約開始…2018年10月19日(金曜日)

・発  売 日…2018年10月26日(金曜日)

発売日や予約開始日は、「iPhone XS」や「iPhone XS Max」とは異なり、約1ヶ月遅れとなります。

iPhone XR のカラーバリエーション

今回の「iPhone XR」の最大の特徴は、「iPhone 5c」を思わせるような、カラフルなカラーバリエーションかもしれません。

カラーは、ホワイト、ブラック、ブルー、イエロー、コーラル、に、「PRODUCT RED」を加えた6色展開です。

 

 

従来の iPhone とは、ひと味違う、カラフルなラインアップとなっています。

おわりに(iPhone XR のまとめ)

「iPhone XR」は、3つの中では、普及価格モデル(廉価モデル)という位置づけです。

そのため、

「iPhone XR」と「iPhone XS」シリーズとの1番大きな違いは、スクリーンが有機ELではなく、液晶ディスプレイとなります。

しかし、有機ELじゃないことに対して、それほどガッカリしなくて大丈夫そうです。

「iPhone XR」のスクリーンも、スマートフォン業界では、最先端技術の液晶ディスプレイ「Liquid Retina」を採用した、ノッチありの全面スクリーンです。

「iPhone XS」と「iPhone XS Max」と比較さえしなければ、決して悪いディスプレイではありません。

「iPhone 8」に「iPhone X」のデザインを取り入れて、カラーバリエーションを増やし、基本スペックを上位モデル並に向上させた「iPhone XR」は、間違いなく魅力的なモデルです。

現在「iPhone 8」以前のモデルをお使いで、少しでも安く新しいモデルを手に入れたいのであれば、「iPhone 8」か「Phone 8 Plus」を、安くなった新価格で購入するという方法もありますが、私なら「iPhone XR」を選びます。

「iPhone XR」の画面サイズは、6.1インチで、「iPhone X」の5.8インチに比べてもディスプレイは大きくなったものの、「iPhone 8 Plus」よりも端末サイズは小さいという、絶妙なサイズ感です。

「Phone 8 Plus」や「Phone 7 Plus」の端末が、少し大きすぎると感じている人にも、「iPhone XR」のサイズ感はオススメです。

心臓部となるSoCには、最新の「A12 Bionic」が採用され、Face ID対応ワイヤレス充電、よりワイドになったステレオスピーカーの搭載など、装備面では、ほぼ「iPhone XS」シリーズを踏襲しています。

ただ、感圧タッチ機能「3D Touch」は、総略されています。

バッテリーのもちは、「iPhone 8 Plus」から1時間半もアップしているのも嬉しいかぎりです。

背面のカメラについてですが、外付けのセルカレンズを使用したかったけど、デュアルレンズでは、使いずらかったという人にとっては、逆に良かったかもしれません。

決して安いものではありませんが、相対的にやや安めな「iPhone XR」が、2018年発表の iPhone のなかでは、もしかしたら、一番の狙い目かもしれません。


今回も、ご覧いただき、ありがとうございました。


コメント