第4次産業革命 とは何か? IT と IoT で変わる世界をどう生きる?

いま、世の中は、すごいスピードで変化しています。

ぼーっ として生きていると気が付かないかもしれませんが、21世紀になって、現在は「第4次産業革命」が起こっていると言われています。

「産業革命」という言葉は、学生のころ、社会科の教科書で習った記憶があると思います。

しかし、それは、第1次産業革命〜第2次産業革命くらいまでの話はないでしょうか。

今回は、第3次産業革命・第4次産業革命も含めた産業革命と、最近話題の「Iot」について、シンプルに、簡単にまとめてみました。

 

第1次産業革命

18世紀後半になると、イギリスで蒸気機関が発明され、それまで人間の手で行っていたことが、機械で出来るようになりました。

第1次産業革命のキーワードは、「機械化・工業化」です。

第2次産業革命

20世紀に入ると、アメリカでは電力を使うようになり、一度に多くの製品が生産できるようになりました。

第2次産業革命のキーワードは、「大量生産化」です。

第1次産業革命〜第2次産業革命のまとめ

第1次産業革命から第2次産業革命を、簡単にまとめると、

機械の登場によって、様々な産業の生産性が大きく向上し、より少ない人数でより多くの製品を生産できるようになった。
と言い表すことができます。

第3次産業革命

20世紀の中盤から後半にかけて、コンピュータの登場によって、指示通りに機械が自動的に動くようになっていきました。

第3次産業革命のキーワードは、「自動化」です。

第4次産業革命

21世紀になると、「AI( 人工知能 )」化、「IoT( Internet of Things )」化が進み、機械が自ら考えて動くようになっていきます。

第4次産業革命キーワードは、「さらなる自動化」ですが、第3次産業革命と区別するために、「自律化」としておきます。

第4次産業革命は、「インダストリー4.0」とも呼ばれます。

第3次産業革命〜第4次産業革命のまとめ

第3次産業革命から第4次産業革命を、簡単にまとめると、

テクノロジーの進化によって、今まで人間の関与を必要としていた仕事の多くが、さらに自動化されるようになった。

と言い表すことができます。

第1次産業革命〜第4次産業革命のまとめ

ここまでの第1次産業革命から、第4次産業革命すべての産業革命を、簡単まとめると、

・第1次産業革命で、機械化が始まり
・第2次産業革命で、大量生産が可能となり
・第3次産業革命で、自動化が始まり
・第4次産業革命で、あらゆる分野で自動化が進んでる

と言い表すことができます。

われわれ人類は、このような流れの中で生きています。

そして、第5次産業革命も、やがて訪れることでしょう。

 

IoT とは

第4次産業革命の中で出てきた「IoT(アイ・オー・ティー)」とは、「Internet of Things」の頭文字を取った単語で、日本語では、一般的に「モノのインターネット化」と呼ばれています。

「IoT」とは、身の回りのあらゆるモノが、インターネットにつながる仕組みのことです。

これまでも、パソコンや携帯電話などのモノがインターネットにつながっていました。

しかし、「IoT」では、これまでインターネットとは無縁だった家電製品だけでなく、自動車、電車やバスなどの公共交通機関、物流、医療、農業など、さまざまな分野がインターネットにつながることによって、遠隔からも認識や計測、制御などが可能となります。

人が、操作してインターネットにつなぐだけではなく、モノが自らインターネットにアクセスすることが「IoT」の特徴です。

「IoT」は、見えないところで、私たちの生活に、じわじわと入り込んで来ています。

2020年には、「IoT」の市場規模が、330兆円になると言われています。

ライフスタイルの変化

客観的に過去を振り返ってみると、社会科の教科書で習った、第1次産業革命・第2次産業革命の頃は、人々のライフスタイルが大きく変わった、というか、変えざるを得なかったということは、容易に想像できます。

しかし、私たちが生きている今(21世紀初頭)も、じつは、ライフスタイルが、大きく変わる転換期の渦中なのだということを、自覚している人はどれくらいいるでしょうか?

10年くらいの短いスパンでみても、「AI」化や「IoT」化によって「消える職業」、「なくなる仕事」などが増えること言われています。
特に、「運輸業界」での「AI」化は、かなり進むと言われてます。

おわりに

最近の夏は、かつてないほどの猛暑に見舞われています。

今後も平均気温や最高気温は上昇すると予想されています。

【関連記事】
2100年未来の天気予報 の動画が話題に!日本の気候はどうなってしまうのか?

2100年未来の天気予報 の動画が話題に!日本の気候はどうなってしまうのか?
2018年の夏は、とんでもない猛暑となりました。 メディアでも、連日のように、「熱中症への厳重警戒」が呼びかけられていました。 「命にかかわる暑さ」という言....【続きを読む】

産業構造の変化人口構成の変化気候の変化など、日本はいま、大きな変化の時を迎えています。

生物学では、「適者生存」という言葉があります。

生き残るのは最も強い種ではなく、最も生態系に適応できる種である

この言葉は、生物である私たち人間にも当てはまります。

これからの世の中を、私たちは、どのように生きていけばよいのか、真剣に考えなくてはいけません。


今回も、ご覧いただき、ありがとうございました。


コメント