インデックス投資 の始め方は この2冊の本を読めば だいたい分かる!

インデックス投資については、1〜2冊、書籍を買って読んでみると、だいたい理解することができます。

インデックス投資に関する有名な書籍の一つに バートン・マルキール著「ウォール街のランダム・ウォーカー」という書籍があります。

この他にも、日本人による、インデックス投資について、分かりやすく書かれた本もありますので、紹介したいと思います。

 

ウォール街のランダム・ウォーカー

インデックス投資に関する有名な書籍の一つに「ウォール街のランダム・ウォーカー」という書籍があります。

初版が1973年という、少し古めの書籍です。

その本のなかで、「アクティブファンド」について、

投資家は千草の山の中から、1本の小さな針を見つけ出すような努力をすべきではない。

と説明されています。

・市場の平均値での運用を目指すのが「パッシブ(インデックス)ファンド」
・市場の平均値を上回わる運用を目指すのが「アクティブファンド」

ここでいう「1本の小さな針」が、「好成績が期待できるアクティブファンド」のことですが、もっというと、「値上がりしそうな個別銘柄」と言ってもいいかもしれません。

なぜなら、プロのファンドマネージャーが、「値上がりしそうな個別銘柄」を選んで運用するのが「アクティブファンド」だからです。

 

しかし、たとえ金融工学の専門家であろうが、ノーベル賞受賞者であろうが、値上がりする株を当て続けることは不可能です。

実際に、かつてウォール街で、ノーベル経済学賞受賞者など、世界トップクラスの頭脳たちを集めたドリームチームで、「LTCM」というファンド結成されました。

当然、これでもか、というほどお金が集まりましたが、5年で潰れたそうです。

 

「値上がりしそうな個別銘柄」を見つけたり、「アクティブファンド」に投資するよりも、インデックス投資に関する書籍を、数冊読んで理解したら、「運用を始めてほったらかし」のほうが、よっぽどラクです。

しかも、

世界的にみても、「インデックスファンド」のほうが、「アクティブファンド」よりも圧倒的に良い運用実績を上げている

というのが事実なのです。

 

ウォール街のランダム・ウォーカー〈原著第11版〉 ―株式投資の不滅の真理

 

実は、私はまだ、この本を読んでいません。

理由は、

・より新しい本のほうがいいだろう
・日本人によって書かれた本のほうがいいだろう

という2点です。

それでは、何を読んで勉強したかというと、次に紹介する日本人が書いた2冊の書籍です。

お金は寝かせて増やしなさい

日本人が書いた本で、まず紹介するのは、さきほど紹介した「ウォール街のランダム・ウォーカー」に衝撃を受け、「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」というブログでインデックス投資について発信し続けている、水瀬ケンイチ氏が書いた「お金は寝かせて増やしなさい」という本です。

一時期、書店でも平積みされていたので、見たことがある人も多いと思います。

日本では、あまり馴染みのなかった15年ほど前から、インデックス投資を行っている長期実践者でもあります。

 

彼が可哀想なところは、株価が堅調なときはいいのですが、いざ暴落でも起ころうものなら、多くの人から非難が殺到するということです。

しかし、もちろん株価暴落は、彼の責任でもありません。

また、暴落自体、避けられるものでもありません。

 

この本を読めば、「インデックス投資」や「NISA」、「つみたてNISA」、「iDeCo」などについて、大まかなことは理解できると思います。

初版は、2017年12月ですが、2108年に1月より開始された「つみたてNISA」のことも解説されていますので安心です。

 

お金は寝かせて増やしなさい

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

次に紹介するのは、「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」です。

こちらは、初版が2015年11月と、やや古いので、「iDeCo」と「NISA」は解説されていますが、「つみたてNISA」については、まだ存在していませんので、もちろん出てきません。

 

おそらく「ウォール街のランダム・ウォーカー」を読んでも、そのようなことはたくさんあると思います。

そもそも、その当時は、インターネットやネットの証券会社などは、なかったと思います。

したがって、「ウォール街のランダム・ウォーカー」は、理論的なことを学ぶには良さそうですが、実践的な部分では、ややキツイかなと思っています。

 

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」は、対話形式ですので、とてもわかり易くてオススメです。

先生役は、ちょっと辛口の山崎元氏です。(私はこういう辛口の人、好きなんです。)

なかなか書けませんよ。

お金を正しく運用したかったら、銀行には近づかないほうがいい

とか。

 

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

おわりに

名著「ウォール街のランダム・ウォーカー」は、ちょっとおいておいて、今回、紹介した2冊の日本人による書籍、「お金は寝かせて増やしなさい」と「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」にも欠点があります。

それは、書籍である以上、避けられないことなのですが、選ぶべきインデックスファンドの手数料とかが、古すぎてあてにならないということです。

そこだけは、ネットやマネー雑誌などで、最新情報を仕入れるようにしてください。

ただし、考え方は変わりませんので、そこは勉強になります。

基本的には、手数料の安いもののなかから選べはいいと思います。

 

おそらく、この2冊を読めば、「インデックス投資」や「つみたてNISA」については、理解することができるのではないかと思います。

あとは、わからないことを、補足的にネット等で調べれば大丈夫です。

とりあえず、本を読みながら、証券会社を選んで申し込んでみましょう。

口座を開設するだけであれば、お金はかかりませんので。

 

ウォール街のランダム・ウォーカー〈原著第11版〉 ―株式投資の不滅の真理

ウォール街のランダム・ウォーカー〈原著第11版〉 ―株式投資の不滅の真理は、名著といわれているので、時間がある人は読んでみても、いいのではないかと思います。

しかし、おそらく、以下の、2冊を読めば「インデックス投資」を始めることはできると思います。

 

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

 

お金は寝かせて増やしなさい


今回も、ご覧いただき、ありがとうございました。


コメント