日本の最高気温ランキング 2018年版!2018年の夏はこんなに暑かった!

2018年の夏は、これまでにない猛暑が、世界中を襲いました。

日本でも、体温を超えるような猛暑日が数多くあり、連日のようにニュースになりました。

2018年の夏を実際に体験した人は、嫌というほど体感したと思いますが、本当に暑い夏でした。(まだ暑い日が続いていますが…)

熱中症による死者も、全国で多数出てしまいました。

少し昔の話ですが、私が子供の頃、夏の最高気温は、だいたい30℃前後だったと記憶しています。

どんなに暑くても、32℃〜33℃だったような気がします。

ところが、2018年の夏の最高気温は…

 

日本歴代最高気温更新!

気象庁よると、関東甲信など、東日本や西日本の4つの地方で、7月中旬の平均気温が、1961年の統計開始以来、最も高くなりました。

そして、

2108年7月23日、埼玉県熊谷市で41.1℃を観測して、5年ぶりに過去最高記録を更新しました。

この記録は、2013年8月12日に41.0℃まで上昇して、日本最高気温となっていた、高知県江川崎の41.0℃を、5年ぶりに上回る最高気温でした。

また、この日は、埼玉県熊谷市以外の各地でも、観測史上最高を更新した地点が数多くありました。

そして、東京(青梅)でも、都内初となるの40℃超えを記録しました。

新潟市でも記録更新

7月の後半から、いちど暑さが、おさまったかのように思いましたが、8月になって再び暑さが戻ってきました。

そして、暦の上で立秋も過ぎた、2018年8月22日

新潟県北部に位置する胎内市で、40.8℃

新潟県のほぼ中央部に位置する三条市で、40.1℃

新潟県南西部に位置する上越市で、40.0℃

と、軒並み40℃超えを記録しました。

県庁所在地である新潟市でも、39.6℃を記録し、1909年に記録した最高気温である39.1℃を、およそ100年ぶりに更新しました。

100前にそんなに暑い日があったことに、私は驚きましたが…

 

気象庁によると、

8月下旬に気温が40℃以上になるのは、国内の観測史上で初めてのこと

だということです。

これまでは2007年8月17日に、岐阜県多治見市で観測された40.8℃が、一年を通じて最も遅い40℃台でした。

新潟県内などでは、日照時間の長さに加え、南や東からの風が山を越えて温度が上がる「フェーン現象」が起きた可能性もあります。

もはや、「残暑」と呼べる暑さではありませんね!

 

日本の最高気温ランキング

気象庁が公表している最高気温のデータより、「これまでの日本の最高気温ランキング」を作成してみました。

40℃以上が観測されているのは、7月と8月だけでした。

順位観測地点都道府県観測値観測日
1熊谷埼玉県41.1℃2018年7月23日
2美濃岐阜県41.0℃2018年8月8日
2金山岐阜県41.0℃2018年8月6日
2江川崎高知県41.0℃2013年8月12日
5多治見岐阜県40.9℃2007年8月16日
6青梅東京都40.8℃2018年7月23日
6山形山形県40.8℃1933年7月25日
6中条新潟県40.8℃2018年8月22日
9甲府山梨県40.7℃2013年8月10日
10かつらぎ和歌山県40.6℃1994年8月8日
10天竜静岡県40.6℃1994年8月4日
12勝沼山梨県40.5℃2013年8月10日
13越谷埼玉県40.4℃2007年8月16日
13三条新潟県40.4℃2018年8月22日
15名古屋愛知県40.3℃2018年8月3日
15館林群馬県40.3℃2007年8月16日
15上里見群馬県40.3℃1998年7月4日
15愛西愛知県40.3℃1994年8月5日
19牛久千葉県40.2℃2004年7月20日
19佐久間静岡県40.2℃2001年7月24日
19宇和島愛媛県40.2℃1927年7月22日
22酒田山形県40.1℃1978年8月3日
23前橋群馬県40.0℃2001年7月24日
24大潟新潟県40.0℃2018年8月22日

(更新日:2018年8月24日)

この表をみると、2018年は、これまでで最も暑かった年であったことが分かります。

2018年以外では、2013年、2007年、1994年あたりが、暑い年だったことが伺えます。

なんとなくですが、次は、2022年あたりが、猛暑になるような気がします。(勝手な予想です。)

未来の日本の気候は、いったい、どのようになっているのでしょうか?

【関連記事】
2100年未来の天気予報 の動画が話題に!日本の気候はどうなってしまうのか?

2100年未来の天気予報 の動画が話題に!日本の気候はどうなってしまうのか?
2018年の夏は、とんでもない猛暑となりました。 メディアでも、連日のように、「熱中症への厳重警戒」が呼びかけられていました。 「命にかかわる暑さ」という言....【続きを読む】

おわりに

世界的には、最高気温が50℃を超える国もあります。

また、日本を含め、今後は、最高気温が50℃に近づいていく国も増えていくと予想されます。

そして、今でも、炎天下での路面温度は、50℃を軽く超えています。

実際は、公表されている最高気温以上に暑いということは、この夏、日中に外へ出たことがある人なら、実感していることでしょう。

とにかく「異常」と呼べる暑さです。

もしも、この先、さらに高温になるとしたら、最高気温ランキングがどうだとか、騒いでいる場合ではありません。

私たちは、学校や仕事などを含め、生活スタイルそのものを、AI化を賢く利用して、考え直さなければいけない時期に、差し掛かっているのではないのか

と、私は思っています。

そして、命に危険が及ぶ暑さである以上、国も率先して対策を講じ、弱者を守る必要があります。

 

この暑さで、アイスもよく売れたようです!

ガツン、とみかん 自虐プロモと猛暑で 売上過去最高を記録!

ガツン、とみかん 自虐プロモと猛暑で 売上過去最高を記録!
かなりの猛暑となった2018年ですが、こう暑いと冷たいアイスが食べたくなりますね。 そんななか、『ガツン、とみかん』の自虐ワードを散りばめたキャッチコピーを使った....【続きを読む】

 


今回も、ご覧いただき、ありがとうございました。


コメント