空飛ぶ車 の実用化はいつ? 世界各国で進む開発競争のゆくえ

人を乗せて空を移動する「空飛ぶ車」の開発が進んでいます。

「空飛ぶ車」には、急速に進むドローンの技術が応用されているようです。

2019年の春には、有人の試験飛行を始め、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックでは、「空飛ぶクルマで聖火台に火を灯す」ことを目標に、現在、開発が進められています。

ほんとうに実現したら、すごいですね!

 

空飛ぶ車 の実用化はいつ?

ドローンのように空を移動する「空飛ぶクルマ」の運航ルールや、技術開発のスケジュール策定など、実用化に向けた議論が始まっています。

「空飛ぶクルマ」は、交通渋滞の解消や、物流サービスの効率化につながるとして、すでに世界で開発が進められています。

そして、新たな成長産業としても期待されている分野でもあります。

トヨタ自動車などが支援する開発グループ「カーティベーター」の代表は、2019年春に有人の試験飛行を開始し、「2023年には、国内で販売を開始したい」と話しています。

また、アメリカの配車サービス大手「ウーバー」の担当者も、2023年に「空飛ぶタクシー」として、アメリカで実用化させる計画を発表しています。

「空飛ぶ車」の実用化は、2023年というのが、ひとつの目安となりそうです。

「空飛ぶ車」の実用化を目指す官民協議会では、今後、各社の計画を踏まえて、安全確保に必要な運航ルールや、技術開発のための国の支援策などについて議論が進み、年内には実用化に向けた具体的なスケジュールがまとまる予定になっています。

「空飛ぶクルマ」の定義とは

じつは、「空飛ぶクルマ」には、明確な定義がありません。

「空飛ぶクルマ」は、一般的には、

ドローンの技術を応用し、電動のプロペラで垂直に離着陸ができる機体

のことを指します。

なかには、飛ぶだけでなく、走行できるものもありますが、主な用途は飛ぶことです。

ヘリコプターや飛行機よりも手軽に、安いコストで移動する手段として開発が進められています。

空飛ぶタクシー として期待

経済成長や人口の増加などに伴い、世界各地で都市部の交通渋滞が深刻化しています。

そんな背景もあり、好きなときにどこへでも行ける「空飛ぶタクシー」としての利用が期待されています。

中東のドバイや、シンガポールでは、政府が欧米の企業と協力して実証実験を始めるなど、積極的に導入を進めようとしています。

 

日本での開発と課題

日本では、トヨタ自動車などが支援するグループ「カーティベーター」が、小型の空飛ぶクルマの開発を進めています。

2019年春にも、有人の試験飛行を始める予定で、

2020年の東京オリンピック・パラリンピックでは空飛ぶクルマで、聖火台に火を灯したい

考えです。

 

空飛ぶ車のイメージ(経済産業省提供)

 

日本でも、新たな成長産業として導入が期待され、実用化に向けての具体的な検討が始まった「空飛ぶクルマ」ですが、課題も多くあります。

なかでも、

「空飛ぶクルマ」には、飛行機のような運航ルールなどが定められいないため、安全性を確保するための法律や、技術的な基準の整備

が最大の課題となっています。

世界各国で進む開発競争

世界では、日本以上に開発が進んでいます。

航空機メーカーやIT企業、新興のベンチャー企業などが「空飛ぶ車」の開発を進めています。

ヨーロッパ

特に、ヨーロッパでは開発が盛んです。

2018年3月にスイスで開かれた「ジュネーブモーターショー」では、オランダのベンチャー企業「パルヴィ・インターナショナル」が、3輪走行でヘリコプターのように、空も飛べる自動車を発表し、来年から一般向けに販売するとして話題を集めました。

大手航空機メーカーの「エアバス」も、自動車メーカーの「アウディ」と共同で、空飛ぶクルマの開発を行っています。

すでに、2人乗りの電気自動車に、4つの大型プロペラを取り付けたコンセプトカーを発表し、ドイツ国内で実証実験が始まるところです。

また、ドイツのベンチャー企業「ボロコプター」は、電動プロペラで飛ぶ、2人乗りの車を開発し、交通渋滞が深刻な、中東のドバイでの「空飛ぶタクシー」の実用化を目指しています。

アメリカ

アメリカでは、配車サービス大手「ウーバー」が、NASA(アメリカ航空宇宙局)と連携して、2020年をメドに、ロサンゼルスなどで、実証実験を行うと発表しています。

中国

中国でも、ドローンベンチャーの「イーハン」が、2018年2月、ドローンのように空を飛ぶ1人乗りの車のテスト飛行を公開し、ドバイでの実用化を予定しているということです。

おわりに

航空機メーカーやIT企業、そして新興のベンチャー企業など、多くの企業が「空飛ぶ車」の開発に力を入れています。

日本では、「カーティベーター」の福沢知浩共同代表が、

2050年までに、誰もが自由に空を飛べるようにしたい!

と意気込みを語っています。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックは、日本の素晴らしさを世界に示す、是好の機会になります。

ぜひ「空飛ぶクルマで、聖火台に火を灯して欲しい」と願っています。

【関連記事】

eVTOL(イーブイトール)が東京上空を飛ぶ?ウーバーが 空飛ぶタクシー 試験飛行を検討!

eVTOL(イーブイトール)が東京上空を飛ぶ?ウーバーが 空飛ぶタクシー 試験飛行を検討!
「空飛ぶタクシー」構想を掲げる、アメリカ配車サービス大手のウーバー・テクノロジーズは、日本での試験飛行を検討していることを明らかにしました。 いよいよ、東京上空に....【続きを読む】

ムーンショット型研究開発制度 とは? 日本政府が 夢の技術を競わせ開発へ!

ムーンショット型研究開発制度 とは? 日本政府が 夢の技術を競わせ開発へ!
「ムーンショット」という言葉をご存知でしょうか? 「ムーンショット」という言葉自体は、以前からあった言葉です。 2019年度より日本政府は、およそ100億円....【続きを読む】

今回も、ご覧いただき、ありがとうございました。


コメント