ダウ理論は 現代のFXや仮想通貨(暗号資産)トレードでも十分に通用する理論!

「ダウ理論」をご存知でしょうか?

難しいファンダメンタルズ分析や、テクニカル分析も不要とはいいませんが、値動きの本質は、「売り手が多ければ値下がりし、買い手が多ければ値上がりする」と、単純かつシンプルに考えることも大切です。

「ダウ理論」は、100年以上も前の米国株式市場の、それも現物取引に対する考え方ですが、現在の為替や仮想通貨(暗号資産)における、デリバティブ取引にも十分に応用することができます。

「ダウ理論」は、6つの基本法則から構成されています。

 

ダウ理論

ダウ理論(Dow Theory)」とは、米国のチャールズ・ダウが提唱した、株式市場での値動きを評価するための理論です。

ダウ理論は、以下の6つの基本法則から構成されています。

1. 市場(価格)はすべての事象を織り込む
2. トレンドには3つに分類される
3. 主要なトレンドは3つの段階から形成される
4. 価格は相互に確認されなければならない
5. トレンドは出来高でも確認されなければならない
6. トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

市場(価格)はすべての事象を織り込む

「ダウ理論」では、政府等が発表する経済統計や、企業の業績、更には自然災害等の予測不可能な事象に至るまで、需給に関するあらゆる事象は、全て市場価格に織り込まれていると考えます。

市場価格は、あらゆるファンダメンタル(材料)の反映であるという考えであり、その意味で効率的市場仮説の主張に基づいた考えとも言えます。

効率市場仮説とは、株式や為替、仮想通貨などの価格は、あらゆる情報を織り込んでおり、すでに適正な価格になっているということです。

逆に言うと、すでに適正な価格になっているので、投資家がそれを上回るリターンを得ることは難しいと考えられます。

トレンドには3つに分類される

「ダウ理論」では、価格変動の分析において市場動向(トレンド)を重視します。

トレンドは、「短期」・「中期」・「長期」の3つに分類されます。

トレンドは、一方向に動くのではなく、複数の短期トレンド、中期トレンドが組み合わさり、必ず調整局面が存在すると考えます。

・短期トレンド:3週間未満
・中期トレンド:通常3週間~3か月
・長期トレンド:通常1年~数年間

主要なトレンドは3つの段階から形成される

「ダウ理論」では、主要トレンドは、買い手の動向によって3つの段階からなるとされます。

現在のデリバティブ取引のように、売りから入る場合は、逆に考えるといいでしょう。

先行期

市場価格が底値にある状態で、一部の先行型の積極的な投資家が、買い(底値買い)を行い、価格が緩やかに上昇する時期です。
この段階では、今まで下降トレンドで、まだまだ下落するかもしれないというような時に、買い場だと判断して買いをしますので、普通のトレーダーが行うのは、なかなか困難です。

追随期

ファンダメンタルズなどの買い要素が確認されて、多数の投資家が参入して価格が急伸する時期です。

この段階では、上手な一般のトレーダーも買いを入れ、上昇トレンドをとらえています。

利食い期

この時期が、トレンドの最終段階です。

メディアなどの報道も増え、素人や始めたばかりの初心者の一般投資家も参入し、価格は上昇しますが、この時期に「先行期」に買っていた人は、利食いの売りを行います

そのため、この段階で買いに入った投資家は高値掴みとなり、その後のバブルが弾けたような急落により、大きな損失を被ることになります。(通称:イナゴ)

【関連記事】

イナゴ焼き にご用心!イナゴ タワー と 9種類イナゴとは? あなたは何イナゴ?

イナゴ焼き にご用心!イナゴ タワー と 9種類イナゴとは? あなたは何イナゴ?
今回は、「イナゴ」という投資用語について紹介します。 「イナゴ」は、投資用語として仮想通貨以外でも使われている言葉ですが、最近では、仮想通貨界隈で、よく聞かれるよ....【続きを読む】

 

相場には、「先行期」の段階でエントリーすることが出来ればベストですが、それもなかなか難しいので、テクニカル分析などを用いて「追随期」の段階が起きそうなタイミングを捉えてエントリーすることを目指しましょう。

価格は相互に確認されなければならない

「ダウ理論」では、価格は相互に確認されなければならないと考えます。

複数の平均的指標が存在する場合、その両者に同じシグナルが見られない場合には、明らかにトレンドとして捉えることは出来ないということです。

シグナルが同時期に出現する必要はありませんが、直近においてシグナルが発生していれば、トレンドとして捉えるべきであり、可能な限り同時期に近ければ確定的と考えます。

 

トレンドは出来高でも確認されなければならない

「ダウ理論」では、トレンドは出来高でも確認されなければならないと考えます。

これは、上昇トレンドであれば、出来高は価格が上昇するにつれて増加するが、価格が下落するようになったら、出来高は減少する、という理論です。

下降トレンドの場合は、逆に考えます。

出来高が明示されている株式市場においては、分かりやすい理論ですが、世界中で取引されている為替においては、出来高を正確に把握することが出来ない場合もあります。

この理論をFXなどに応用させるためには、オシレーターによるテクニカル分析を使用する必要があります。

トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

「ダウ理論」では、現在の市場で発現しているトレンドは、明確にトレンドの転換シグナルが現れるまで継続し続けると考えます。

これは、シンプルですが、重要なことです。

トレンドに従った売買によって、多くの投資家は利益を得るのであり、トレンドに逆らった売買で利益を得るのは難しいということを忘れないようにしましょう。

おわりに

現代では、本当にたくさんのテクニカル分析がありますが、トレードの基本として、まずは「ダウ理論」はおさえておきたいところです。

とくに、

市場(価格)は、すべての事象を織り込む

トレンドは、明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

という2つは、とても大切です。

一般のトレーダーの耳に届くタイミングでは、そのファンダメンタルズなどの情報は、すでに織り込まれていると考えたほうがいいでしょう。

また、トレンド転換も、勝手な期待や予測ではなく、明確なシグナルをもって判断するべきです。

自分の都合や解釈で、それらを勝手に勘違いしてしまうトレーダーは、おそらく相場では、生き残ることは出来ないでしょう。


今回も、ご覧いただき、ありがとうございました。


コメント