ふるさと納税 で災害支援? 災害支援 寄付のメリットとやり方

ふるさと納税 は、2008年に創設された「自分が応援したい、任意の自治体に寄付することができる」という制度です。

しだいに、自治体間の 返礼品競争 が激しさを増し、本来の ふるさと納税 の趣旨から遠ざかってしまいました。

もういちど、

ふるさと納税が、 自分が応援したい、任意の自治体に寄付することができる制度

であるということを思い出して下さい。

 

そのうえで…

2018年は、各地で、地震、大雨、台風など、多くの災害が発生し、多くの被害が出てしまいした。

復旧作業が、現在も続いている地域も数多くあります。

今回は、「ふるさと納税を利用して、被災地の自治体への災害支援ができる」ということをお伝えしたいと思います。

 

ふるさと納税 とは

ふるさと納税 とは、2008年に創設された「自分が応援したい、任意の自治体に寄付することができる」という制度です。

ふるさと納税 がどういう制度なのかについては、別の記事に書いていますので、ここでは省略します。

ふるさと納税 については、制度の見直しも検討されています。

ふるさと納税 制度見直しへ!還元率3割以下 を守らぬ自治体は 制度対象外に?

ふるさと納税 制度見直しへ!還元率3割以下 を守らぬ自治体は 制度対象外に?
2008年に創設された ふるさと納税 という制度。 名前くらいは、聞いたことがあると思います。 ふるさと納税 とは、簡単にいうと、「自分が応援したい任意の自....【続きを読む】

今回は、ふるさと納税 で災害支援について、紹介します。

ふるさと納税 で災害支援 とは

ふるさと納税 で災害支援とは、

「ふるさと納税が、 自分が応援したい、任意の自治体に寄付することができる制度」

であることを利用して、「災害支援したい自治体に寄付」をすることができるというものです。

もちろん、ふるさと納税 ですので、一定額の「寄付金控除」を受けることもできます。

「ふるさとチョイス」という、ふるさと納税 のポータルサイトの中に、動画でわかりやすく解説されているものがありました。

災害支援とは

出典:ふるさとチョイス

ふるさと納税 で災害支援 のメリット

最近では、返礼品目当ての寄付だけでなく、災害支援のために ふるさと納税 を利用して、寄付をする人が増えてきました。

ふるさと納税 を利用すれば、寄付をする側とされる側、その両方にメリットがあります。

ふるさと納税 による「災害支援寄付」について、募金などにはないメリットを3つ紹介します。

寄付金がダイレクトに自治体へ届く

災害が発生した際の募金は、主に「義援金」や「支援金」という名目で使用されます。

一般的に「義援金」は、被災者への見舞金として送られ、「支援金」は、主に被災地で復旧活動や、支援活動にあたる機関や団体などに送られます。

それに対し、

ふるさと納税 による「寄付金」は、自治体へ直接送られます。

激甚災害などに指定されると、国が主導となった被災地の復興事業行われますが、どうしても迅速さにかけたり、被災地のニーズとは違う部分に、お金が使われてしまうことも少なくはありません。

寄付金がダイレクトに自治体へ届く ふるさと納税 であれば、被災者の実生活に影響する問題に対し、素早く利用することができるというメリットがあります。

寄付金の使いみちが指定できる

自治体によっては、

ふるさと納税 の申込時に、寄付金の使いみちを選択することもできます。

これにより、

災害復旧のために使って欲しい!

という思いを、寄付とともに、自治体へ届けることができます。

寄付したお金は、本当に災害復旧のために使われているのだろうか?

と心配な方にも、ふるさと納税 は、おすすめです。

寄付金控除 が受けられる

災害が発生すると、

被災地になるべく多く募金したい気持ちはあるのだけれど、それはど多額の募金ができるほどの余裕がない…

という場合もあります。

しかし、

ふるさと納税 を利用すれば、実際の自己負担額(2,000円)を超えた金額は、確定申告をすれば、一定の上限の範囲内で、翌年度の所得税・住民税から控除されます。

 

ふるさと納税の寄付金控除については、

「自己負担分である2,000円を超えた金額が全額戻ってくる」

というような説明も、ときどき見かけますが、それは正確な説明ではありません。

控除については、分かりづらい部分もありますので、こちらの動画を参考にしてみて下さい。

【Yahoo!ふるさと納税】ふるさと納税 税金控除のしくみ/1分で分かるふるさと納税

出典:Yahoo

控除限度額は、各ふるさと納税サイトなどで、シュミレーションすることができます。

■ ふるさと納税支援サイト

税金控除額シミュレーター|ふるさと納税応援サイト
ふるさと納税を知ろう!ふるさと納税応援サイトでは、「ふるさと納税」ってなに?「ふるさと納税」の仕組みは?税額がいくら控除される?寄付の手順は?など、「ふるさと納税」のイロハを分かりやすく解説しています。

■ ふるさとチョイス

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 控除金額シミュレーション
いくらまでふるさと納税の寄附ができるか寄附の上限額が簡単にわかる機能です。計算シートや目安表を使って、ふるさと納税の控除額を調べることができます。控除額を把握しておけば、効率的にふるさと納税を楽しむことができます。

■ さとふる

控除上限額(限度額)シミュレーショントップ | ふるさと納税サイト「さとふる」
ふるさと納税において重要な税控除の目安が計算できるシミュレーションをご案内します。ご自身の控除上限額をきちんと把握しておけば、自己負担2,000円のみで効率的にふるさと納税を行えます。

■ わが街ふるさと納税

計算シミュレーション|ふるさと納税の総合情報サイト|わが街ふるさと納税|ふるさと納税の総合情報サイト|わが街ふるさと納税
「わが街ふるさと納税」は全国の自治体の「ふるさと寄附金制度・ふるさと納税」の情報を掲載。申込方法、確定申告、特典、寄附金の使い道など役に立つ情報が満載。わが街ふるさと納税で”ふるさと”の未来を応援しよう!
 

災害支援 寄付 のやり方

「災害支援寄付」を行うためには、自治体に直接ハガキやメールで申し込む方法もありますが、ふるさと納税 のポータルサイトから、寄付するのが一般的です。

出典:ふるさとチョイス

サイトによっては、寄付できる自治体が限られている場合もありますが、手続き方法としては、通常の ふるさと納税 の場合と一緒です。

 

■ ふるさとチョイス

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | お礼の品掲載数No.1
掲載品数No.1のふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」。お肉やお米など全国の特産品19万品目をご紹介。クレジットカードにも対応。ランキングや寄附上限金シミュレーションがあるから初めての方でも寄附が簡単です。

■ さとふる

ふるさと納税【さとふる】認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト
ふるさと納税をはじめるなら「さとふる」。お米、お肉などおすすめの特産品がランキング形式で選べます。限度額の計算ができる控除額シミュレーションや、確定申告・ワンストップ特例制度の仕組みをわかりやすくご紹介しております。

■ ふるなび

ふるさと納税専門サイト「ふるなび」でふるさと納税
ふるさと納税ランキングふるなび ふるさと納税で寄附して返礼品をもらおう

■ 商務省 ふるさと納税 ポータルサイト

総務省|ふるさと納税ポータルサイト
ふるさと納税で日本を元気に!ふるさと納税の意義や納税制度、ふるさと納税の制度改正についてご案内いたします。

寄付を受け付けている自治体の確認方法

「災害寄付」を受け付けている自治体は、ふるさと納税のポータルサイトなどから確認できます。

大きな災害が発生した後などに、ふるさと納税のポータルサイトをのぞいてみると、寄付を必要としている自治体や、現在、集まっている寄付金の合計などを見ることができると思います。

たとえば、2018年(平成30年)9月6日に北海道で発生した、震度7の地震の直後から、各ふるさと納税 のポータルサイトでは、以下のように、支援の受付を開始しています。

出典:さとふる

代理寄付受付

被災した自治体では、ふるさと納税 の処理業務を行っている余裕がない場合もあります。

そのような場合に、被災した自治体のの負担を減らすための「代理寄付受付」という制度もあります。

被災した自治体に、災害支援寄付をする場合、返礼品はもらえないケースが一般的です。

しかし、「寄附金受領証明書」の発行・発送といった作業が、必ず発生します。

つまり、寄付が集まれば集まるほど、被災している自治体の事務作業の負担は、増えてしまうのです。

そこで、このような負担を少しでも減らそうという目的で、一部の自治体では「代理寄付受付」を始めています。

「代理寄付受付」とは、ふるさと納税 による「災害寄付」に対する事務作業を、他の自治体が代理して行い、寄付金のみが被災した自治体に送られる、という制度です。

被災地の自治体にかかる負担が減らせるので、「災害支援寄付」をする側としても安心です。

おわりに

ふるさと納税 による「災害支援寄付」は、「寄付する側」と「寄付をされる側」の双方にとって、それぞれメリットがあります。

ふるさと納税 の「災害支援寄付」をうまく利用すれば、「寄付金控除」を利用しつつ、寄付を行うことができます。

被災地の役に立ちたいけど、お金が…

という方は、ぜひ、ふるさと納税 という制度を利用して、災害支援のための寄付をしてみてはいかがでしょうか。


今回も、ご覧いただき、ありがとうございました。


コメント