【WordPress 5.0】新エディター「Gutenberg 」がヤバい! プラグイン「Disable Gutenberg」で元のエディターに戻せる!

2018年12月7日「WorldPress 5.0」がリリースされました。

いつも通りに、何も考えずに「更新」ボタンを押して、アップデートを行うと大変なことになります。

以前より、告知されていたことではありますが、記事を書くエディターが大きく変更になりました。

Gutenberg

WorldPress の新しいエディターは、「Gutenberg」といいます。

 

 

私たちは新しいエディターを Gutenberg と呼んでいます。

メディア重視のページや投稿向けに、すべてのコンテンツ編集エクスペリエンスを、再構築しました。

初めてサイトを構築している方も、仕事としてコードを書いている方も、ブロックがもたらす柔軟性を体験してみてください。

https://ja.wordpress.org/gutenberg/

ということですが、はっきり言って非常に使いづらいです。

慣れていないからだと、思うかもしれませんが、個人的には、旧エディターの方が、断然、使いやすいと思います。

Disable Gutenberg

頑張って、新しいエディター「 Gutenberg 」を使いこなせるようになるための、努力をしてもいいのですが、「なんとか元のエディターに戻したい」という人も多いと思います。

そんなときには、「Disable Gutenberg」というプラグインをインストールして、有効化してみて下さい。

 

 

いつものように、プラグインの「新規追加」から、「Disable Gutenberg」を検索して、「インストール」して、「有効化」して下さい。

そして、投稿画面に行ってみると、今までどおりの、見慣れたエディターが開きます。

おわりに

以前より、「 Gutenberg 」には、練習用のプラグインがあり、インストールした人も多いと思いますが、私は、利用してきませんでした。

 

 

いつものように、Wordpressを「5.0」にアップデートすると、強制的に「 Gutenberg 」仕様になってしまい、戸惑った人も多いと思います。

もしも、今までどおりの使い慣れたエディターの方が、利用しやすいという人は、ぜひ「Disable Gutenberg」というプラグインを使ってみて下さい。

私も、「Disable Gutenberg」を有効化して、いま、この記事を書いています。


今回も、ご覧いただき、ありがとうございました。


コメント