取扱コインで選ぶ 仮想通貨交換業者(販売所・取引所)取扱コイン比較一覧表 【2018年】

仮想通貨を手に入れる方法としては、

・マイニングの報酬として手に入れる
・ATMで購入する
・仮想通貨交換業者 に登録して購入する
・キャンペーンなどでもらう

などの方法があります。

そのなかで、現実的には、販売所や取引所などの「仮想通貨交換業者」に登録して仮想通貨の取引をするのが一般的です。

 

 

しかし、はじめて仮想通貨を始める人にとっては、どの「仮想通貨交換業者」を選べばいいのか、分からないものです。

仮想通貨を始めるにあたって、どの「仮想通貨交換業者」を選べばいいのか、ということについて、今回は、「取扱コイン」を中心に考えてみたいと思います。

取扱コイン

「仮想通貨交換業者」を選ぶ基準のひとつとして、「取扱コイン」は重要です。

ビットコインだけを売買したいのであれば、どこでも取り扱っていますので、どこを選んでも取引はできます。(安全性や使いやすさ、価格やコストなどは比較する必要があります。)

しかし、

ビットコイン以外の「アルトコイン」の売買がしたい場合には、取扱コインをチェックして、「仮想通貨取扱業者」を選ぶ必要があります。

あたりまえですが、自分が売買したいコインを取り扱っていない業者を選んでも、取引することができませんので

 

くわえて、もうひとつ大事なことがあります。

それは、

仮想通貨を「現物」で取引したいのか、「レバレッジをかけて」取引したいのか

ということです。

実際には、ひとくちに「取扱コイン」と言っても、「仮想通貨交換業者」によって、

・現物取引だけの取扱
・レバレッジ取引(FX)だけの取扱
・両方の取扱

と様々です。

「仮想通貨交換業者」の取扱コインは、「現物取引」と「仮想通貨FX」とに分けられずに紹介されている場合もあります。

「仮想通貨FX」では、「現物」を保有する訳ではありません。
ウォレットや他の取引所へ送金したり、仮想通貨での決済に利用したりという用途では使えませんので、その点には注意が必要です。

「仮想通貨交換業者」によっては、アルトコインは、仮想通貨FXでしか売買できない場合もあります。

いろいろ調べてみたのですが、「現物取引」と「仮想通貨FX」別の一覧比較表があまり見当たらなかったので、作ってみましたので参考にしてみて下さい。

 

取扱コイン一覧表

仮想通貨取扱業者別の「取扱コイン」を表にしてみました。

「現物取引」と「仮想通貨FX」でも分けてありますので、参考にしてみて下さい。

また、モバイルでも見やすいように、一覧表の中のコイン名は、単位で表記しています。

コイン単位

コイン名については、以下をご覧ください。

また、コインの単位は、よく目にすることになりますので、覚えておいた方が何かと便利です。

・BTC … ビットコイン
・ETH … イーサリアム
・XPR … リップル
・BCH … ビットコインキャッシュ
・LTC … ライトコイン
・XEM … ネム
・ETC … イーサリアムクラッシク
・QASH … キャッシュ

取扱コイン一覧表

主な「仮想通貨交換業者」の取扱コインの比較表です。

仮想通貨
交換業者
現物
取引
レバレッジ(FX)
取引
レバレッジ取引
手数料
ビットポイント

(取引所)

BTC
ETH
XRP
BCH
LTC
無料
ビットポイント

(レバレッジ取引口座)

BTC2倍
5倍
10倍
25倍
無料
ビットポイント

(ビットポイントFX取引口座)

BTC2倍
5倍
10倍
25倍
無料
ビットバンクCC

(取引所)

BTC
ETH
XRP
BCH
LTC
MONA
無料
ビットバンク
トレード(取引所)
BTC20倍0.01%
ビットトレード

(取引所)

BTC
ETH
XRP
BCH
LTC
MONA
0.2%


0.7%

Quoin by Liquid

(旧QUOINEX)

(取引所)

BTC
ETH
XRP
BTC
QASH
BTC
ETH
2倍
4倍
5倍
10倍
25倍
無料

0.25%
DMMビットコイン

(販売所)

BTC
ETH
BTC
ETH
XPR
BCH
LTC
XEM
ETC
5倍無料
GMOコイン

販売所+取引所

取引所ではBTCのみ取引可能

BTC
ETH
XPR
BCH
LTC
BTC
ETH
XPR
BCH
LTC
5倍

BCTのみ
5倍
10倍

無料

*2018年9月現在
*FX手数料・スワップポイントは取引手数料に含みません

 

ビットコイン、イーサリアム、リップルの3種類は、多くの「仮想通貨取引業者」販売所+取引所で取扱がありますが、その他のコインを取引したい場合には、取扱のある「仮想通貨取引業者」を選ぶ必要があります。

また、「GMOコイン」のように、ひとつの口座(取引画面)の中に、販売所と取引所の両方の機能を有している「仮想通貨取引業者」もありますので、取引に慣れるまでは、そのような「仮想通貨取引業者」を使うのもよいかと思います。

口座開設完了までの時間

「仮想通貨取引業者」が一つだけというのも、何か合ったときに不安ですので、複数の「仮想通貨取扱業者」に登録しておくと、いざという時のリスクヘッジになります。

また、登録口座が多すぎても、管理が大変になってしまいますので、厳選した業者を、2つか3つくらい登録しておくと良いかもしれません。

 

各口座とも、ネット上で必要事項を記入し、本人確認書類をアップロードすれば、口座開設の手続きは、あっという間に完了します。

そのため、すぐに取引ができると思ってしまいます。

しかし、実際には、

日本国内の「仮想通貨取扱業者」は全て、審査(本人確認)があり、取引ができるようになるまでには、口座開設手続きを開始してから、数日(3〜5日)待たなければいけません。

審査は、1日〜数日かかり、審査が終了すると、メールで発送の通知があり、翌日か翌々日に「口座開設コード」や「認証コード」が、簡易書留などで届きます。

受け取りには、本人確認が必要なため、日中不在で、誰もいない場合には、ポストに投函してくれません。

代わりに不在通知が投函されますので、再配達を依頼するか、取りに行かなく必要があります。

それだけでも、1日遅れてしまうことあります。

 

このように、手元に「口座開設コード」や「認証コード」が届くまでに、意外と時間がかかります。

管理画面にログインして、送られてきた「口座開設コード」や「認証コード」を入力してはじめて、口座開設が完了します。

それまでは、入金することもできませんので、当然、取引もできません。

おわりに

口座開設や口座の維持は無料なので、まだ仮想通貨の口座開設をしていない方は、早めに済ませておくことを、おすすめします。

さもないと、いざ買おうと思っても、数日間、待たされることになります。

そして、不思議なもので、この待たされている間に、価格が大きく変動すると、なんだか損をした気になります。

 

昔と違って現在は、口座開設を申し込んでから、最低でも3日くらい待たないと、入金して取引を始めることができません。

土・日や祝祭日が絡むと、1週間前後も待たされる場合もあります。

また、入金も振込だと時間がかかりますので、すぐに取引が始められない場合もあります。

クイック入金(即時入金)ができるように、ネットバンクの口座も、いくつか持っておくと安心です。

 

仮想通貨の業界も競争が激しくなっているようで、各社とも安全性やサービス向上に努めているようです。

実際に使い比べてみないと、どの「仮想通貨取引業者」がよいのか、正直わかりません。

また、投資する通貨や投資スタイルによっても、当然、選ぶべき「仮想通貨取引業者」は変わってきます。

 

ビットコイン以外のアルトコインも、現物やレバレッジ取引をしてみたい人は、まずは、「GMOコイン」あたりが使いやすいと思います。(スプレッドは若干広めですが…)

迷っていても、どんどん口座開設までの時間が遅くなるだけです。

そして、ただ調べていても、分からないことのほうが多いので、まずは、実際に始めてみることをおすすめします。

「GMOコイン」では、ビットコイン 20,000 Satoshiのプレゼントキャンペーンを実施中です。
*Satoshi:BTCの最小単位

口座開設完了の翌日にログインすると、すでにプラスの資産があるというのも嬉しいものです。

【関連記事】
リップル(XRP)の将来性 とリップル(XRP)が買える仮想通貨交換業者(販売所・取引所) 2018年版

リップル(XRP)の将来性 とリップル(XRP)が買える仮想通貨交換業者(販売所・取引所)【 2018年】
2018年9月末、「リップル社」が主催する国際カンファレンス「SWELL 2018」への期待もあり、仮想通貨「リップル(XRP)」の価格は高騰しました。 そして、....【続きを読む】

今回も、ご覧いただき、ありがとうございました。


コメント