ソーシャルレンディング「クラウドクレジット」とは? 1万円から投資できる新たしい資産運用方法

日本国内でも、「投資型クラウドファンディング」の市場規模は、急成長中で、今後さらに期待が高まっています。

そして、国内の「投資型クラウドファンディング」市場において、「ソーシャルレンディング」が占める割合は、9割近くにものぼります。

少額投資が可能で、高い利回りが期待でき、株式市場などの動向に影響されにくい、低金利時代の新しい資産運用として、注目されているのが「ソーシャルレンディング」サービスです。

今回は、1万円という少額から投資することが出来る、低金利時代の新しい資産運用プラットフォーム「クラウドクレジット」を紹介します。

 

ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングとは

ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい人と、お金を貸したい人とを、オンライン上でつなげる金融サービスです。

「ソーシャルレンディング」事業を運営する会社は、インターネットを活用し、ウェブサイト上で資産運用したい個人から小口のお金を集め、その資金を企業に融資します。

サービスにもよりますが、最少投資額は1万円からと、元本が少なくとも始めやすい新しい資産運用の方法です。

ソーシャルレンディングのメリット

「ソーシャルレンディング」には、以下のようなメリットがあります。

・債券や預金よりも利率が良い
・少額から投資が可能
・株式市場などの動向に影響されづらい

ソーシャルレンディングのデメリット

「ソーシャルレンディング」には、以下のようなデメリットがあります。

・元本が保証されていない
・途中解約ができない
・期待利回りを下回る可能性がある

こんな人におすすめ

ソーシャルレンディングは、以下のような人におすすめの、資産運用方法です。

・値上がり益よりも金利収入でお金を増やしたい方
・ポートフォリオに新たな金融商品を加えたい方
・株式や為替のように買ったり売ったりが面倒な方



クラウドクレジットとは

クラウドクレジットは、安定的な資金を求める国と、魅力的な運用先を探す国をつなぎぐプラットフォームです。

クラウドクレジットは、世界中の様々な国で、本当にお金を必要としている人や事業者と、投資家の皆さまのお金を結びつけることで、新しいビジネスや雇用が生まれるなど、未来を増やし、世界経済も成長させていく「世界に貢献する投資」を目指すプラットフォームです。

クラウドクレジットの仕組み

「クラウドクレジット」は、日本と比べ 銀行の貸出余力が低く、資金需要が大きい国の資金需要者に対し、日本の余剰資金をローン投資という形で融資を行っています。

グローバル規模での資金需要と、供給を繋ぐことにより、高い期待利回りを実現しています。

クラウドクレジットの特徴

「クラウドクレジット」では、海外の成長期待国を対象にした「ソーシャルレンディング (貸付型クラウドファンディング)」 の商品を取り扱っていています。

海外成長国へ投資できる

成長国でお金を必要としている人や企業に、投資することができます。

高い利回りの商品が多い

他のソーシャルレンディングの商品の中でも、比較的、高い期待利回りの商品があります。

1万円から投資できる

投資が初めての方から、法人投資家まで、小額から投資することができます。



投資できる貸付 (ローン)

「クラウドクレジット」では、様々なタイプのローンに、分散投資することができます。

「クラウドクレジット」のファンドで取り扱うローンの種類は、以下のとおりです。

・個人向けローン
・中小事業者向けローン
・ノンバンク向けローン
・延滞債権投資
・マイクロファイナンス機関向けローン
・再生可能エネルギー事業者向けローン
・農業事業者向けローン
・不動産担保ローン

リスク

「クラウドクレジット」には、以下のようなリスクが考えられます。

ローンとしてのリスク

・元本割れが生じる (投資金額より少なくなる)リスク
・貸付先の遅延する (返済が遅れる) リスク
・途中解約や、株のように他の人に売ったり出来ない

海外投資のリスク

・為替の影響でマイナスになるリスク
・投資先の国の政治・経済の状況が変わるリスク
・法や制度が変わることに伴うリスク


おわりに

ただ一生懸命働くだけでは、お金持ちになることは難しいでしょう。

「投資」や「資産運用」は、お金持ちや自由になるための、大事なステップです。

 

フランスの経済学者「ピケティ」は、

r(資本収益率)>g(生産成長率)

という有名な公式を示しています。

簡単に言うと、

働いて貰える給料の伸びよりも、投資で得られる利益のほうが高く、この差は逆転することはない

ということです。

言い換えると、

働いているだけの人よりも、投資だけしている人のほうが経済的に豊かになれる

ということです。

 

ただし、言うまでもなく、投資対象は、慎重に選ばなくてはいけません。

ソーシャルレンディング「クラウドクレジット」を、ポートフォリオのひとつとして、検討してみてはいかがでしょうか?



コメント