現金(Cash)と仮想通貨(暗号資産)のどちらに価値を感じますか?

2018年12月17日、英国の中央銀行であるイングランド銀行は、クリスマスを前に一風変わったアンケートをツイッターで実施しました。

その一風変わった質問とは、

お金をプレゼントとしてもらえるのならば、どんな方法がいいのか?

というものです。

いったい、どのような結果だったでしょうか?

 

イングランド銀行

イングランド銀行が、クリスマスプレゼントとしてお金を受け取るなら、どの方法が嬉しいのかをツイッターでアンケートを行ないました。

示された選択肢は、

・Cash(現金)
・Bank transfer(銀行振込)
・Gift voucher(商品券)
・Digital currency(デジタル通貨)

の4つです。

 

回答の締切は、2018年12月24日となっていますので、この記事執筆時では、最終結果は出ていませんが、残り1日を切っていますので、結果の傾向は明らかです。

・Cash(現金)・・・18%
・Bank transfer(銀行振込)・・・0.5%
・Gift voucher(商品券)・・・0.2%
・Digital currency(デジタル通貨)・・・75%

 

結果としては、「Digital currency(デジタル通貨)」という回答が75%と、圧倒的な支持を集めています。

第2位は「Cash(現金)」で、18%の支持を集めています。

残りの「Bank transfer(銀行振込)」と「Gift voucher(商品券)」は、あまり支持されない結果となっています。

最終結果も、大きくは変わらないと思います。

ロン・ポール氏

米国においても、元下院議員のロン・ポール氏は、同じようなアンケートを実施しています。

もし1万ドルを10年間、保有し続けるとしたら、どのような形がいいか?

というものです。

 

示された選択肢は、

・米ドル
・金(ゴールド)
・米10年物国債
・ビットコイン(BTC)

の4つです。

 

結果としては、「ビットコイン(BTC)」という回答が、50%と、半数の支持を集めました。

・米ドル・・・2%
・金(ゴールド)・・・37%
・米10年物国債・・・11%
・ビットコイン(BTC)・・・50%

マティ・グリーンスパン氏

ツイッターのアンケートでは、仮想通貨同士の人気投票も行われています。

英トレーディング企業「eToro」のアナリスト、マティ・グリーンスパン氏は、

あなたが最も好きな仮想通貨は何?

というアンケートを行っています。

 

示された選択肢は、

・ビットコイン(BTC)
・リップル(XRP)
・イーサリアム(ETH)
・その他(ATHER)

という4つです。

 

2万8,189人が回答し、一番人気は「リップル(XRP)」が46%という結果でした。

・ビットコイン(BTC)・・・31%
・リップル(XRP)・・・46%
・イーサリアム(ETH)・・・9%
・その他(ATHER)・・・14%

おわりに

これらの結果から分かることは、最近では、現金(Cash)よりも仮想通貨(暗号資産)の方が、人気が高くなっているということです。

また、仮想通貨(暗号資産)の中でも、以前なら「ビットコイン(BTC)」が人気だったと思いますが、最近では「リップル(XRP)」のほうが人気が高くなっています。

2018年12月現在、時価総額では、「ビットコイン(BTC)」が1位で、「リップル(XRP)」が2位となっていますが、将来的には逆転して「リップル(XRP)」が1位になる可能性もあります。

あなたは、現金(Cash)と仮想通貨(暗号資産)のどちらに価値を感じますか?


今回も、ご覧いただき、ありがとうございました。


コメント