BITPoint(ビットポイント)の評判とおすすめポイントをわかりやすく解説!

昨今の仮想通貨流出事件などを考えると、やはり、仮想通貨交換業者えらびは重要です。

なにはともあれ、安心・安全のセキュリティ体制が整備されていることが大前提になります。

数ある仮想通貨交換業者の中で、セキュリティが高い交換業者のひとつとして、本田圭佑氏がイメージキャラクターに起用されている、「BITPoint(ビットポイント)」があります。

すでに利用している人も多いと思いますが、まだ利用していない人で、気になっている人もいると思います。

今回は、そんな「BITPoint(ビットポイント)」の評判と、おすすめポイントを紹介していきます。

 

イメージキャラクター

仮想通貨取引所「BITPoint(ビットポイント)」は、イメージキャラクターとして、プロサッカー選手であり起業家・投資家としても活躍する本田圭佑氏を起用しています。

契約に際しては、契約金は仮想通貨ビットコイン(BTC)での支払われたということです。

BITPoint☓本田圭佑 イメージムービー

【公式】BITPOINT × 本田圭佑 イメージムービー(字幕 Ver.)

本田圭佑氏は、

CMのテーマが、「世界一を目指すために、日々挑戦、努力する」ということで、僕の考えと一致する部分があるなと思いながら撮影に臨みました。
撮影は、本格的なマシーンを使用したもので、普段、中々鍛えないパーツを使うものでしたが、あえて負荷をかけ本気のトレーニングモードでやりました。
ハリウッドの撮影クルーもとても素晴しかったですし、非常に充実した撮影でした。

とコメントしています。

 

BITPOINT

BITPoint(ビットポイント)のおすすめポイント

「BITPoint(ビットポイント)」は、セキュリティが高く、多くの大口投資家が口座を開設しています。

また、サービス開始から今までに、一度もサーバーの停止や、ハッキングの被害もありません

金融商品取引業者水準のセキュリティ体制と、安定したサーバーを持っているのが、「BITPoint(ビットポイント)」の最大のオススメポイントです。

それでは、細かくみていきます。

安心・安全のセキュリティ体制

「BITpoint(ビットポイント)」は、株式会社リミックスポイントが筆頭株主となっています。

上場企業が運営していますので、安心感には定評があります。

「BITPoint(ビットポイント)」では、最高レベルの審査を通過した、証明書 EV-SSLを採用しています。

また、不正侵入検知・防御システムの導入もされています。

そして、顧客資産の全額は、コールドウォレットで保存されます。

流出の危険性がある、ホットウォレットの管理については、「BITPoint(ビットポイント)」独自の管理システムを構築して、安全性を高めています。

各種手数料が無料

「BITPoint(ビットポイント)」には、各種手数料が無料という嬉しい特徴があります。

4つの手数料

・口座管理料:無料(当然スプレッドはある)
・取引手数料:無料(現物取引の場合)
・送受金手数料:無料(複数の交換所利用者には嬉しい)
・即時入金手数料:無料(庶民には本当に嬉しい)

ただし、以下の点には注意が必要です。

・手数料・費用は、今後変更になる可能性がある
・レバレッジ取引には、別途、建玉管理料が発生する
・ビットポイントFX取引では、別途、スワップ費用が発生する

口座管理・取引手数料

口座開設や口座管理は、もちろん無料です。

取引手数料についても、現物取引は無料となっています。

レバレッジ取引やFX取引については、上記の通り、別途手数料が発生しますが、それについては、おそらく、仕組み的にどの交換業者でも発生します。

入金(日本円)

「BITPoint(ビットポイント)」では、即時入金が利用できるネット銀行が、3つ用意されているのも嬉しいポイントです。

即時入金が利用できるネット銀行は、以下の3つです。

・ジャパンネット銀行
・住信SBIネット銀行
・イオン銀行

出金(日本円)

残念なポイントは、日本円の出金の際には、振込手数料が発生するということです。

また、日本円の出金に関しては、若干反映までに時間がかかる傾向があります。

こまめに出金しなければ問題はありませんが、「GMOコイン」や「DMM bitcoin」は、出金時の手数料も無料ですので、ここは改善されると嬉しいです。

仮想通貨の送受金

「BITPoint(ビットポイント)」では、他の交換業者との仮想通貨の送受金に関しては、手数料が無料となっているのも嬉しいポイントです。

 

BITPOINT

充実した取引ツール

WEB取引ツール・BITPOINT ADVANCE

通常のWEB取引ツールに加えて、「BITPOINT ADVANCE」という取引ツールも利用することができます。

私は、「BITPOINT ADVANCE」の方を利用しています。

スマートフォンからでも、同様のツールが利用できます

また、スマートフォンでに利用の場合、次に紹介するアプリもあります。

BITPoint Lite

「BITPoint Lite」アプリをダウンロードすれば、スマートフォンからも簡単に仮想通貨の取引が可能です。

ただし、このアプリを利用すると、成行注文しか出来ないことと、入出金ができないところが残念です。

Meta Trader4

FX専用ツールとして、「Meta Trader4」も利用することができます。

「Meta Trader4」は、世界中の金融機関の取引プラットフォームとして、採用されている取引ツールです。

「Meta Trader4」には、PC取引ツールとして、インストール型リッチクライアント形式のアプリケーションのほか、スマートフォン取引ツールアプリがあります。

BITPoint Wallet

こちらのアプリは、仮想通貨の送金や受け取り、価格の確認などに利用することができます。

ウォレットアプリですので、仮想通貨の売買などの取引には、利用することができません。

BITPOINT

電話サポート

BITPoint(ビットポイント)はフリーダイヤルを設置していますので、管理画面の使い方や細かい入金方法など、サービスに関するご質問や、操作方法について、専門のオペレーターが応対してくれますので、初心者の方でも安心です。

電話対応をしている取引所は、「BITPoint(ビットポイント)」だけかもしれません。

取扱通貨

現物取引

対日本円で現物取引ができるのは、以下の5通貨となっています。(2108年9月末現在)

・ビットコイン/円( BTC/JPY)
・ビットコインキャッシュ/円(BCH/JPY)
・イーサリアム/円(ETH/JPY)
・ライトコイン/円(LTC/JPY)
・リップル/円(XRP/JPY)

取扱通貨(アルトコイン)は、今後も順次追加される予定ということです。

 

単純に取扱通貨といっても、「対円」なのか、「対ドル」なのか、「対ビットコイン」なのかは、交換業者によってマチマチです。

たとえば、bitbank(ビットバンク)では、イーサリアム(ETH)の取引が、対ビットコイン(ETH/BTC)でしかできないので、イーサリアム(ETH)を取引する場合は、円をいちどビットコイン(BTC/JPY)にする必要があります。( JPY → BTC → ETH )

また、対米ドルでの取引の場合には、日本円を米ドルにしてから、ドルと仮想通貨を交換することになります。( JPY → USD → 仮想通貨 )

日本人が日本円で取引をする場合には、対円で取引および、即時入出金ができるのがいちばんだと、私は思います。

レバレッジ取引・FX

また、レバレッジ取引とビットポイントFXは、ビットコイン(BTC)のみの取扱となりますので、アルトコインのFXをやりたい場合には、他の交換業者を選んだほうがいいでしょう。

レバレッジ

レバレッジは、最高25倍で、

2倍・5倍・10倍・25倍

の4つより選ぶことができます。

日本円以外

ビットコインだけは、日本円以外でも取引が可能です。

・ビットコイン/米ドル( BTC/USD)
・ビットコイン/ユーロ(BTC/EUR)
・ビットコイン/香港ドル(BTC/HKD)

口座開設

申請書類に不備がないことが前提ですが、申し込むタイミンによっては、最短で翌営業日には口座開設が可能ということですが、実際には、口座開設申し込み後、2〜3日後くらいから取引が開始できると思っておいたほうがいいと思います。

口座開設審査が完了すると、ログイン情報が転送不要郵便で送られてきますので、受け取り次第、入金して取引が開始できます。

BITPoint(ビットポイント)の評判

「BITPoint(ビットポイント)」は、「ビットコイン(BTC)」はもちろんのこと、「リップル(XRP)」や「イーサリアム(ETH)」などを含む、主要仮想通貨を対日本円で取引できます。

また、多くの取引手数料が無料というのも、実際にトレードしてみると嬉しいポイントです。

そして、仮想通貨FXのレバレッジは、国内最大の25倍となっています。

昨今の仮想通貨流出事件を考えると、やはり、仮想通貨交換業者選びは重要です。

「BITPoint(ビットポイント)」は、金融商品取引業者水準のセキュリティ体制と、安定したサーバーを持つ交換業者です。

「BITPoint(ビットポイント)」の評判は、概ね良いと言えます。

 

欠点らしきものがあるとすれば、

これまでの「BITPoint(ビットポイント)」は、「Coincheck(コインチェック)」、「Bitflyer(ビットフライヤー)」、「Zaif(ザイフ)」など、日本の主要な取引所に比べて、ユーザーが少なく、取引板に注文が並ぶ数が少ないことでした

しかし、上記3社の現在の状況は、ここで述べるまでもないと思います。

もうひとつ、上記3社との違いとして、「BITPoint(ビットポイント)」は、クレジットカード入金に対応していない点があげられますが、クレジットカードで入金すると、通常8%ほどの手数料を取られてしまうので、即時入金ができれば十分です。

私がbitbank(ビットバンク)ではなく、「BITPoint(ビットポイント)」を利用している理由のひとつに、24時間利用できる即時入金(無料)が使える点が大きいです。(取引ではなく、チャートなどのツールは、bitbank(ビットバンク)を利用してます。)

おわりに

最後に、「BITPoint(ビットポイント)」のおすすめポイントをまとめると、

・金融商品取引業者水準のセキュリティ体制
・安定したサーバー
・主要仮想通貨を対日本円で取引
・多くの取引手数料が無料
・仮想通貨FXのレバレッジは、国内最大の25倍

という5つになります。

ここまで、そろった交換業者は、なかなかありません!

 

口座開設および口座管理手数料は無料です。

まだ、「BITPoint(ビットポイント)」の口座を持っていない人は、とりあえず申し込んでおいて損はないと思います。(むしろ申し込まない理由が見当たりません。)

チャンスを逃さないためにも、常に、準備だけはしておきたいものです。

*口座開設→取引開始までには、概ね2〜3日かかります。

*レバレッジ取引や、ビットポイントFX取引を利用する場合には、別途申請が必要ですので、さらに1日かかる場合があります。

 

コメント