「bitbank(ビットバンク)と BITPoint(ビットポイント)との大きな違い【平均取得単価 と 損益計算】

私は、仮想通貨「XRP」(通称:リップル)の取引を行っているのですが、いちばん始めに使い始めた仮想通貨取引所が「BITPoint(ビットポイント)」でした。

その後、「XRP」の取引においては、おそらく日本で一番、使われている取引所である「bitbank(ビットバンク)」も利用してみたのですが、両方の取引所で取引をしてみて、あることに気が付きました。

それは、仮想通貨の「平均取得単価」についてです。

他の取引所については、まだ詳しく確認していないので、今回は、「bitbank(ビットバンク)」と「 BITPoint(ビットポイント)」だけについて書こうと思います。

 

BITPoint と bitbank の設立

「bitbank(ビットバンク)」と「 BITPoint(ビットポイント)」のどちらを先に使い始めたかによりますが、おそらくは「bitbank(ビットバンク)」の方が先という人が多いと思います。

なぜなら、「BITPoint(ビットポイント)」の方が、あとからできた取引所だからです。

「bitbank(ビットバンク)」の設立が2014年だったのに対し、「BITPoint(ビットポイント)」の設立は2016年でした。

そのため、2016年以前より、仮想通貨取引(特にXRP)を行っている人は、「bitbank(ビットバンク)」を利用している人が多いと予想できます。

また、XRPの取引出来高をみても、そのことは明らかです。

 

アンケートの期間が短かったのと、フォロワー少ない((T_T))ので、絶対数がかなり少ないのですが、割合的には、きっとこんな感じでしょう。

 

 

よかったら仲良くしてやって下さい。

➡ https://twitter.com/minatotsukasa

平均取得単価 と 評価損益額

「BITPoint(ビットポイント)」で取引をすると、普通に「平均取得単価」と「評価損益額」が取引画面に表示されます。

そのため、今の自分の「平均取得単価」がいくらで、「評価損益額」がいくらなのかが、通貨ペアごとに、一目で分かります。

私は、これが当たり前だと思っていました。

なぜなら、始めに利用した取引所が「BITPoint(ビットポイント)」だったからです。

 

しかし、「bitbank(ビットバンク)」で取引をしてみたら、これが分からないのです。

私が「bitbank(ビットバンク)」使い始めて間もないため、それらの表示のさせ方が、分かっていないだけなのかとも思いましたが、取引の履歴をみても表示されていないということは、自分で計算しないと分からないのでしょうか?

 

bitbank(ビットバンク)を利用している人がどうしているのか、はっきりとはわかりませんが、私には、これがとても不便に感じています。

 

BITPOINT
BITPoint 公式サイトへ

確定申告

仮想通貨の取引で利益が出た場合、例えば会社員の場合、20万円以上の利益(収益 – 経費)が出た場合には、確定申告をしなくてはいけません。

このとき、経費の算出をするのに必要な「平均取得単価」がわからないと、利益計算はできません。

「bitbank(ビットバンク)」を利用している人は、どのようにしているのでしょうか?

考えられるのは、取引の履歴から手計算するということですが、もしも、そうなのであれば、取引の回数が多くなると、かなりめんどくさそうです。

bitbank(ビットバンク)は安い

基本的には、「bitbank(ビットバンク)」のほうが、「リップル(XRP)」を安く買うことができます。

追記:最近、Liquid by Quoine も安いことが分かりました。

そのため、普通に考えたら、「bitbank(ビットバンク)」で買ったほうが、少ない日本円で同じだけの「リップル(XRP)」を買うことができるのでお得です。

しかも、出来高も多いため、指値も約定しやすいのではないでしょうか?

また、スプレットもほとんどありません。

そう考えると、「BITPoint(ビットポイント)」を使う必要はないということになります。

それでも、私は、「BITPoint(ビットポイント)」を選ぶかもしれません。

 

bitbank
bitbank 公式サイトへ

bitbank か BITPoint か

私のように、「平均取得単価」や「評価損益額」が気になる人にとっては、「BITPoint(ビットポイント)」を利用する価値は、大いにあると私は思います。

将来の値上がりに期待して、大きく値上がりするまでは売らないという、「ガチホ」スタイルの人にとっては、「平均取得単価」や「評価損益額」は、さほど気にならないのかもしれません。

むしろ、わからない方が、日々の相場変動に一喜一憂することなく、精神的にラクかもしれません。

「平均取得単価」や「評価損益額」が分かっていると、「含み益」が出ているときは、ハッピーですが、「含み損」が大きくなるにつれて、精神的なダメージを受けたり、意味もなく取引をしてみたくなったりしてしまうこともあります。

どちらがいいのかは、人それぞれかもしれませんね。

おわりに

「bitbank(ビットバンク)」と「 BITPoint(ビットポイント)」のどちらがいいのかは、人それぞれだと思います。

しかし、この2つの取引口座は、それぞれに長所と短所がありますので、両方とも持っておいてもいいのではないかと思います。

「bitbank(ビットバンク)」も「 BITPoint(ビットポイント)」も、セキュリティ的には、定評がある両取引所です。

どちらか、1つしか口座を持っていない人や、これからどちらの口座を持とうか悩んでいる人は、とりあえず、両方とも口座開設しておくのが正解だと思います。

ぜひ、公式サイトをのぞいてみて下さい。

 

BITPOINT
BITPoint 公式サイトへ

 

bitbank
bitbank 公式サイトへ

コメント