bitbank(ビットバンク)は セキュリティとチャートツールでおすすめの仮想通貨交換業者

ビットバンク株式会社が運営する仮想通貨取引所「bitbank(ビットバンク)」が、「ICORating」の取引所セキュリティレポートにて、国内No.1の評価を受けました。

「bitbank(ビットバンク)」は、高いセキュリティ体制と、シンプルかつ、高い機能性を誇る仮想通貨取引所です。

もちろん、スマホにも完全対応しています。

唯一のネックだった、24時間365日のリアルタイム入金にも対応しました。

今回は、「bitbank(ビットバンク)」について紹介します。

 

bitbank

会社概要

ビットバンク株式会社の簡単な会社概要は、以下のとおりです。

・会社名:ビットバンク株式会社 bitbank, Inc.
・代表者:代表取締役CEO 廣末紀之
・住所:〒141-0031 東京都品川区西五反田7丁目20-9  KDX西五反田ビル7F
・設立:2014年5月7日
・資本金:11億3100万円(資本準備金含む)
・事業内容:仮想通貨関連事業
・金融庁登録:関東財務局長 第00004号
ビットバンク株式会社 | 仮想通貨ビットコイン (bitcoin) の購入/投資 / BTCFX
仮想通貨ビットコイン(bitcoin)の購入/投資/BTCFXなら国内最大取引所のビットバンク(bitbank)。ビットバンク株式会社はレバレッジ投資のBTCFXやビットコインニュースのBTCNを運営し、ビットコインの健全な普及を推進します。

bitbank(ビットバンク)

一般的に「bitbank(ビットバンク)」といった場合は、「bitbank.cc」のことを指す場合が多いです。

ビットバンク株式会社が運営する仮想通貨取引所には、「bitbank.cc」と「bitbank trade(ビットバンクトレード)」の2種類があります。

仮想通貨交換業者の名称には、「ビット」とか「トレード」という言葉が多く使われているので、非常にややこしいです。

ちなみに、「BIT TRAIDE(ビットトレード)」は、別の仮想通貨取引所ですので、混同しないように注意して下さい。

 

「bitbank.cc」と「bitbank trade」の違い

「bitbank trade」は、2014年からサービスが開始され、「bitbank.cc」は、2017年からサービスが開始された取引所になります。

 

「bitbank.cc」は、ビットコイン(BTC)とアルトコインの現物取引ができる取引所です。

一方、

「bitbank Traide」は、ビットコイン(BTC)のレバレッジ取引(FX)ができる取引所です。

 

この2つは、それぞれの口座アカウントを開設することもできますが、ひとつのアカウントで連携することも可能となっています。

「bitbank.cc」の口座が開設できたら、アカウント画面の一番下に「アカウント連携」の項目があります。

そこから「連携する」と進んでいけば、「bitbank Trade」とのアカウント連携ができます。

 

「bitbank.cc」と「bitbank Trade」の使い分けとしては、

現物取引メイン長期投資なら「bitbank.cc」
値動きメインの短期トレードなら「bitbank Trade」

ということになります。

 

bitbank.cc < https://bitbank.cc/ >
シンプルで軽量、高い機能性を備えたスマートなビットコイン・アルトコイン取引所です。
スマホからでも快適にトレード、チャートも取引も24時間365日リアルタイムで更新されます。60種以上のテクニカル分析で本格的な相場分析、リップル(XRP)/イーサリウム(ETH)/ライトコイン(LTC)の板取引が可能です。

bitbank Trade < https://www.bitbanktrade.jp/ >
日本最大のビットコイン先物取引所です。レバレッジ最大20倍のビットコインFX(BTCFX®)を提供、追証なし、2分でWeb口座開設可能です。

出典:https://prtimes.jp

 

「bitbank.cc」が、おすすめの仮想通貨取引所なのに対して、「bitbankTrade」は、他の取引所と比べて、それほど優位性はないかもしれません。

レバレッジ取引(FX)を行うなら、もっと取扱通貨が豊富な「GMOコイン」などのほうが良さそうです。

 

 

「bitbank.cc」は、国内では、おすすめの取引所になりますので、ぜひ登録だけでもしておくことをおすすめします。

この記事では、以下、「bitbank(ビットバンク)」は、「bitbank.cc」のことを指すこととします。

取引所セキュリティレポート

仮想通貨交換所のセキュリティ体勢については、国内外で多くのハッキング報道がされていることもあり、多くの注目が集まっています。

そんななか、ビットバンク株式会社は、2018年10月10日、ICOの分析研究を行う独立した評価機関である「ICORating」の取引所セキュリティレポートにて、国内No.1の評価を受けたことを発表した。

 

 

「ICORating」は、ロシアの起業家ドミトリー・フィラトフ氏が、2016年に創業し、国内外のさまざまなメディアに取り上げられるICO分析研究の独立機関です。

各取引所のセキュリティ評価は、以下の4つの側面にそれぞれ点数を与え、合計値(100点満点)でランキング評価するポイント制になっています。

 

・コンソールエラーの分析(5点満点)
・ユーザーアカウントのセキュリティ分析(18点満点)
・レジストラ(ドメインを登録する事業者)とドメインのセキュリティ分析(34点満点)
・Webプロトコルのセキュリティ分析(43点満点)

 

マルチシグ・コールドウォレットの運用管理などで、セキュリティ対策を行う「bitbank(ビットバンク)」のポイントは、100点満点中59点でした。

世界ランキング

「ICORating」の取引所セキュリティレポートで、「bitbank(ビットバンク)」のポイントは、国内では第1位となり、世界ランキングでは、第22位にランクインしています。

「ICORating」の取引所セキュリティレポートの、国内仮想通貨交換所の世界ランキングは、

・22位「bitbank」59点
・37位「bitFlyer」49点
・82位「フィスコ仮想通貨取引所」33点
・89位「Zaif」29点

という結果となっています。

取扱通貨

「bitbank(ビットバンク)」の取扱通貨ペアは、合計8種類です。

2018年話題の「リップル(XRP)」も「対日本円」で取引できます。

「bitbank(ビットバンク)」では、「XRP(リップル)」の取引量が、リップル社公式の取引量ランキング「XRP Markets」の過去30日間統計において、世界No.1を獲得したこともあります。(2018/05/30 19:00 JST 時点での “30 day)
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000024344.html

 

そのほか、「対日本円」では、

・BTC/JPY(ビットコイン/日本円)
・XRP/JPY(リップル/日本円)
・BCH/JPY(ビットコインキャッシュ/日本円)
・MONA/BCH(モナコイン/日本円)

の4種類の通貨ペアがあります。

 

「対ビットコイン」では、

・ETH/BTC(イーサリアム/ビットコイン)
・LTC/BTC(ライトコイン/ビットコイン)
・BCH/BTC(ビットコインキャッシュ/ビットコイン)
・MONA/BTC(モナコイン/ビットコイン)

の4種類の通貨ペアがあります。

 

ビットコインキャッシュについては、「BCC」と「BCH」という2種類カレンシー・コードをみかけますが、過去には、ビットコネクト(BitConnect)という仮想通貨があり、その表記が「BCC」だったので、ビットコインキャッシュは「BCH」を使っています。

 

bitbank

チャートツール

「bitbank(ビットバンク)」のチャートツールは、「TradingView」を採用しています。

無料株式チャート、株式相場とトレードのアイデア
リアルタイムの価格、無料のチャートと専門家のトレードアイデアを。TradingViewは株・先物・FXのトレーダーと投資家のためのソーシャルネットワークです。

そのため、「bitbank(ビットバンク)」のチャートツールでは、60以上の「テクニカル指標」をチェックすることができます。

移動平均線、一目均衡表、ボリンジャーバンド、MACDなどのトレンド系や、ストキャスティクス、RSIなどのオシレーター系を自由に扱うことができるため、チャート分析にこだわりたいトレーダーからも人気を集めています。

「テクニカル指標」とは、過去の値動きのデータを元に、市場における要望を指標化して、これからどんな風に値動きするのかを予測する指標のことです。

「bitbank(ビットバンク)」のチャートツールは、各社と比較して最も使いやすいという口コミも多く、国内の仮想通貨取引所の中でも、トップクラスの高スペックを誇ります。

「bitbank(ビットバンク)」のチャートツールは、ビットバンクに未登録でも利用することができます。

また、「bitbank(ビットバンク)」では、チャートの確認を行うだけではなく、購入したい仮想通貨の取引完了までを1画面で行うことが可能です。

そのため、チャートの値動きを追いながら、タイミングを逃すことなく取引を行うことができます。

仮想通貨を貸して増やす

「bitbank(ビットバンク)」では、「仮想通貨を貸して増やす」という、他にはないサービスを行っています。

「仮想通貨を貸して増やす」というサービスは、ユーザーが保有する仮想通貨を「bitbank(ビットバンク)」に貸し出し、1年後に利用料として、最大5%の仮想通貨を受け取ることができというものです。

現在は、ビットコイン(BTC)のみの取り扱いですが、今後は、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、イーサリアム(ETH)、モナコイン(MONA)、ビットコインキャッシュ(BCH)等への対応も予定しているとのことです。

利用料

利用料については、

・1BTC以上5BTC未満を貸し出した場合 … 3%、
・5BTC以上10BTC未満を貸し出した場合は … 4%、
・10BTC以上を貸し出した場合 … 5%

に設定されています。

申し込み数量

申し込み数量については、

・最小数量  … 1BTC
・最大数量 … 25BTC

となっています。

なお、途中で解約した場合は、手数料5%を差し引いた額が返還されます。

各期ごとに募集し、申請は上限数に達し次第終了となります。

預けるだけで年利がつくサービスですので、ビットコインの長期保有を決めている方は、検討してみてはいかがでしょうか。

 

bitbank(ビットバンク)なら仮想通貨を貸して増やせる!1年間最大年率5%!

リアルタイム入金

ビットバンク株式会社は、201810月9日、一般社団法人全国銀行資金決済ネットワークの、24時間365日即時振込の開始を受け、リアルタイムでの振込対応を公表しました。

対応銀行については、全銀ネットが予定銀行として発表する三井住友銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行など計91行です。

ただし、みずほ銀行、みずほ信託銀行は、6月から続く次期勘定系システムへの移行作業のため当初からの参加を見送っており、今後の対応時期についても未定としています。

出金申請の承認・着金は、従来どおり祝祭日を除く、月曜から金曜の15時締切とし、顧客の銀行口座への着金も翌営業日となります。

また、「bitbank(ビットバンク)」のメンテナンス時間においては、振込の即時反映に非対応となります。

入金番号の入力を忘れてしまった場合は、従来どおり祝祭日を除く月曜から金曜の対応となります。

リアルタイム入金については、他の取引所では、利用できていましたので、「ようやく対応になった」といったところです。

おわりに

「bitbank(ビットバンク)」は、「bitFlyer(ビットフライヤー)」、「Coincheck(コインチェック)」、「Zaif(ザイフ)」の大手3社で、様々な問題が発生した現在において、間違いなく、おすすめの仮想通貨交換業者のひとつです。

とくにリップル(XRP)などのアルトコイン取引をしたい人は、口座を開設しておいても損はありません。

口座開設から取引開始までは、3日〜1週間程度かかりますので、お申込みはお早めに。

 

bitbank

コメント