Android 端末の利用者が増加中? GooglePixel の登場で 日本のOSシェア争いは どう変わるのか?

「2018年8月 モバイルデバイスシェア調査」が発表されました。

今回の調査で、Android 端末の利用率が、iPhone の利用率を上回るという結果となり、話題になっています。

この調査は、MMD研究所が、2018年9月10日に発表しました。

 

Android が優位

今回の調査は、15~69歳の男女5,000人を対象に、2018年7月31日~8月1日の期間で実施されました。

メインで利用している、モバイルデバイスを尋ねたところ、

・Android … 40.1%、
・iPhone … 35.2%、
・ガラケー … 18.1%

という結果となりました。

ご覧の通り、Android の利用者のほうが多かったということになります。

 

年代(男女)別では、

・10代男性 … 63.5%
・10代女性 … 72.5%
・20代女性 … 62.7%

と、若年層では iPhone の利用率が高い傾向でした。

しかし、それ以外の層では、すべて Android の利用率が iPhone の利用率を上回わりました。

 

この調査結果については、中高生の子どもがいる人なら、なんとなく納得ではないでしょうか。

若い世代にとっては、「 iPhone でなくてはダメ!」という傾向がとても強く、そもそも Android 端末は、選択肢にすら入っていない場合も多いです。

多くの若年層は、

・8か、8Plusか、Xか?
・次の発表まで待つか?
・色は?
・容量は?

ということでしか悩みません。

その一方で、若年層以外の人はどうかというと…

結果の分析

今回の調査では、

・超高齢化が進む日本で、高齢者層がスマホを使いだした
・高齢者層は、むしろ流行りを嫌う傾向にある
・どうせ使いこなせないから、安い端末でよい
・キャリアショップ店員の意見に従いやすい(よく分からないので)
・キャリアショップ店員は、iPhone の知識が乏しい人が多い

という理由から、Android 端末が、iPhone を上回ったと、私はみています。

一般的な高齢者がスマホを持ち出したとは言え、利用している機能といえは、「電話」「メール」「カメラ」機能くらいだという人も多いと思います。

であれば、端末なんて何でもよいということになり、必然的に安いものを選びます。

そもそもが、良くわからないものなので、拘りは少ないのだと思います。

そうなると、むしろ、ガラケーでも十分というのが、本当のところかもしれません。

 

レイトマジョリティ

大多数の高齢者層は、

イノベーター理論で、市場全体の34.0%と言われている「レイトマジョリティ(Late Majority:後期追随層)」だと考えられます。

そして、市場全体の16.0%と言われている、最も保守的で、流行や世の中の動きに関心が薄く、イノベーションが伝統になるまで採用しないい「ラガード(Laggards:遅滞層)」が、ガラケーを使っているか、携帯端末自体を持っていないと考えられます。

 

「レイトマジョリティ(Late Majority:後期追随層)」は、周囲の大多数が試している場面を見てから、同じ選択をする人たちですので、周りの高齢者仲間がガラケーならガラケー、スマホに買い換えれば、自分もスマホに買い替えます。

おそらく、デザインや機能を比較して、スマホを購入しているわけではありません。

また、高齢者層は、比較的、”アンチ流行” が多いので、そのような意味でも、おそらく iPhone を避ける傾向にあるような気がします。

おわりに

やはり iPhone の一番のネックは、その価格にあると思います。

もはや、一番安価な Macbook Air と、容量の大きな iPhoneXs/Xs Max の価格を比較すると、Macbook Air のほうが安いのです。

しかし、Macユーザーにとっては、やはり Andoroid 端末よりも、iphoneを使ったほうが、何かと便利です。

どうせ1年経てば、また新しい端末が発表されるのだから、今であれば、とりあえず iPhone7/7Plus や iPhone8/8Plus あたりを格安 SIM と組み合わせて使っておくのが、コスパ的には一番良さそうです。

 

Android 端末の利用率が増加している要因には、Android 端末と格安 SIM を組み合わせた「格安スマホ」の台頭も大きいと思います。

実際に、それほどスマホを使いこなせていない層にとっては、とにかく安い方がいいのです。

また、各キャリアによる「 iPhoneの一括0円販売が影を潜めた」影響も大きそうです。(NMPでは一部みられますが。)

 

理由はどうであれ、日本でも、少しずつAndroidを選択する人が多くなっていることが、明らかになりました。

新しいiPhone(Xs・Xs MAX・XR)が発表され、さらには、注目の Google スマホ端末「Google Pixel」の日本上陸が発表されました。

市場全体の2.5%を占める、冒険心にあふれ、新しいものを進んで採用する「イノベーター(Innovators:革新者)」層は、いったいどちらを選択するのでしょうか?

とても気になるところです。


今回も、ご覧いただき、ありがとうございました。


コメント