Amazon プライム ビデオの無料版「Free Dive」とは?

Amazonプライム・ビデオは、Amazonプライム会員であれば、誰でも追加料金なしで楽しめるサービスです。

通常は、Amazonプライム会員になって、会費(月額料金または年会費)を支払うことによって、Amazonプライム・ビデオは、見放題になります。

しかし、「Amazonプライム・ビデオの無料版」が発表されるという噂があります。

どういうことなのか、気になったので調べてみました。

 

Amazon プライム会員とは

今さらですが、Amazonプライム会員について、簡単に説明しておきます。

Amazonプライム会員とは、Amazonが提供している有料会員サービスのことです。

プライム会員になると、自動的に実に多くの特典が付いてきます。

なかには、長年のプライム会員の人でも、「えっ!そんな特典があったの?」とか、「いつの間にか新たな特典が増えている!」ということもあります。

すべてのプライム会員が使える特典から、残念ながら、都内などを中心とした地域限定のサービスもあります。

Amazonプライム会員特典

2018年現在のAmazonプライムの会員特典を、簡単に箇条書きで、まとめておきます。

・配送料が無料
・お急ぎ便や日時指定便も無料
・Prime Videoで映画やドラマが見放題
・Prime Musicの音楽が聴き放題
・Prime Radioが聴き放題
・Prime Reading本が無料で読める
・Prime Photoに写真が保存できる
・Kindleが4000円引き
・Kindleの本が毎月1冊無料で読める
・Amazonパントリーで日用品をまとめ買いできる
・Praim Day(超特大セール)に参加できる
・商品が1時間で届くPrime Nowが使える
(主に都内)

・Amazon freshで生鮮食品が買える
(主に都内)

・Amazon Dash Buttonが使える
(有料)

確かに特典満載だけど、きっと料金が高いんでしょ?

Amazonプライム会員の料金

Aamzonプライム会員の会費は、年額プランと年額プランがあります。

月額プランは、400円/月(税込み)

年額プランは、3,900円/年(税込み)
(月額あたりに換算すると325円

 

学生向けのプラン(Prime Student)もあります。

月額プランは、200円/月(税込み)

年額プランは、1,900円/年(税込み)
(月額あたりに換算すると158円

 

安いか高いかといえば…メチャクチャ安いです!

私もずっと昔から、何となく、Prime会員になっていますが、特典はそれほど利用していないかもしれません。(調べてみると、知らないものもたくさんありました…)

料金が高いと、つい、「元を取らねば!」という卑しい気持ちになるのですが、ここまで安いと、なんとも思いませんね。

 

Amazonプライム・ビデオの無料版?

Amazonプライム・ビデオは、数ある動画配信サービスの中でも、ぶっちぎりのコストパフォーマンスを誇っています。

しかし、アマゾンが、Amazonプライム・ビデオの無料版を計画しているという噂が…。

 

どういうことかと言うと、

無料版プライム・ビデオ(Free Dive)は、どうやら、Amazonの「Fire TV」ユーザーに向けたサービスみたいです。

では、どうして、サービスの無料版が成り立つのかというと、それは広告が配信されるからのようです。

どうやら、民法のテレビのように、番組の冒頭や合間に、広告が流れる形になりそうです。

無料版コンテンツも、プライム・ビデオと、まったく同じというわけではなく、過去のテレビ番組や映画がメインとなる模様です。

無料版の噂は、以前からありましたが、「Free Dive」という具体名や、「Fire TV」向けサービスであるという話がでたことで、より真実味が増してきました。

Fire TV とは

「Fire TV」 とは、Amazonから発売されている、テレビに接続して使う小さな出力機器です。

「Fire TV」 を使用すると、テレビなどの大画面で、「プライム・ビデオ」などを視聴することが可能になります。

「Fire TV」 は、「プライム・ビデオ」以外にも対応しています。

無料で使える「AbemaTV」や「GYAO」、月額で見られる「Hulu」や「Netflix」など、様々なアプリに対応しているので、対応しているサービスでは、全て利用できます。

ちなみに、「Fire TV Stick」という機器もありますが、「Fire TV」は、「Fire TV Stick」よりも処理速度が速く高画質、高音質で快適に使える機器です。

おわりに

日本では、

「Fire TV」が、およそ9,000円

「Fire TV Stick」が、およそ5,000円

です。

そして、

「プライム会員の年会費」が、3,900円です。

もしも、プライム会員のさまざまなサービスは一切いらない(利用していない)のなら、「Fire TV」だけ買って、無料版のプライム・ビデオ「Free Dive」を楽しむという選択もできるわけです。

しかし…

Amazonプライムの料金がこれだけ安かったら、別に無料版のプライム・ビデオとかいらなくないですか?

プライム会員特典の、送料無料とか、何気にありがたいし…

しかし、それは消費者側からの見方で、企業側からみると、広告を入れるスペースを捻出することに意味があるのかもしれません。

テレビからネットへの、広告費の移転の動きは、もはや止めようがないようです。


今回も、ご覧いただき、ありがとうございました。


コメント